■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)ただ漂う……です
1 名前: ◆I7nIJ7EFj6 [] 投稿日:2011/09/03(土) 11:43:51.23 ID:52BPjnGVO
ガン!ガン!

へい、すんません。拍子木は薪にしちまいましたもんで。へい

お昼のひと時のっこりと
毎度騒がせ語り屋商売
拍子木代わりにドラム缶
叩いて始める下手話

チンピラやくざの痩せ包丁
今日は流れてどちらやら

いつもの詰まらぬ話じゃあるが
遠くの方は耳に聞き
近くばよってご覧あれ
特段損にはなりゃしませんお暇潰れりゃそりゃ結構

そんな話だ

( ∀゚キ)ただ漂う……です


2 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 11:45:46.37 ID:52BPjnGVO
登場人物紹介

( ∀゚キ)←主役。通称「痩せ包丁のスカーピン」本名不明
腕利き戦士であり賞金稼ぎ。20代後半
スカーフェイスに単(ピン)眼なので「スカーピン」と言う通り名なのだが
算盤勘定が苦手で運も悪く、いつも貧乏であるため
素寒貧=「スカンピン」と呼ばれる事も
性格は、セコく、汚く、大胆で、ギャンブル好きで、放浪癖ありと
AAのジョルジュ長岡と海賊シルバーとねずみ男を足して3で割った様な、典型的チンピラ
事に当たるに、汚い手や腕力に頼りがちで
結果、スカーピン自身も高額賞金首である

('e')←「セントジョーンズ」
脇役。一人何役もこなす
雑魚のやられ役や、宿屋の主人、村人など。基本的にモブキャラ

「語り屋」
地の文は全てこの「語り屋」が担当
本業は古物商。夜にVIP橋のたもとで小遣い稼ぎの語り屋をしている
かかあに頭が上がらない
また、6人の子持ち


4 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 11:47:06.30 ID:52BPjnGVO
用語集
(順次追加)

「痩せ包丁」←帯剣したならず者の総称。広い意味では、単なる無頼漢も指す

「黄金虫」←金貨の俗称。「黄金玉」も同じ
ちなみに現在の貨幣価値にして、50万円弱になる

「賞金首」←悪党は勿論、逆恨みやいざこざ、または戯れに賞金をかけられた者
生首が金で買い取られるという最低ビジネスの商品

「賞金稼ぎ」←「賞金首」や博打など、まっとうでない儲けを稼ぎの柱にしている者

「騙すカス公の剣」←異国の鋼、ダマスカス鋼で造られた重く頑丈無比な両刃の剣
切れ味はあまり良くはなく、見た目より重いため、使い手を選ぶ
金貨百枚の価値がある
卑怯者のスカーピンが使っているため
吹吹ブーンに「騙すカス公の剣」と名付けられた


5 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 11:48:49.64 ID:52BPjnGVO
第八話

( ∀゚キ)「海月のブルース」


6 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 11:58:58.48 ID:52BPjnGVO
( ∀゚キ;)「おおーい!そこの幌馬車!ちょっと待ってくんねえ!」

迷惑騒々大声で
行かんとしている幌馬車を
止めて乗り込みスカーピン
どうやらあわてている様子……

(御'e')「……旦那ぁ、困りますぜ。出掛けの静止はゲンが悪いって、俺らじゃよく言うことなんですぜ?」

( ∀゚キ;)「すまねえすまねえ。きちんと足代は払うからよ」

(御'e')「そんなもん当たり前でさぁ……前金で頼みますぜ?」

( ∀゚キ)「わかったわかった……銀一枚だな?」

(御'e')「へい。確かに」


7 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 12:07:40.76 ID:52BPjnGVO
(御'e')「この幌馬車は帝都まで向かいやすが、お客さんが途中で降りるのは構いやん」

(御'e')「ただし、お代はどこで降りても銀一枚。よござんすね?」

( ∀゚キ)「ああ構わねえが、帝都までどれだけかかるかね?」

(御'e')「3日ってところですね。もちろん道中で街道の村には寄りやして、休憩やら一寝入りやらもさせて頂きやすが」

( ∀゚キ)「へえ?なかなか速いもんだねえ……じゃあよろしくたのむぜぇ」


8 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 12:17:42.79 ID:52BPjnGVO
(御'e')「それと、もうひとつ言っときやす」

( ∀゚キ)「?」

(御'e')「実は最近物騒で……道中、幌馬車を狙う追い剥ぎが出るかも知れねえんでさ……」

(御'e')「アタシはヤットウは出来やしませんで、自分の身はご自分でお守り下せえ」

( ∀゚キ)「正直な男だねえ……ま、追い剥ぎ位なら俺あ蹴散らせるからいいがよ」

(御'e')「なあに、後で恨みごとを言われるのが嫌なだけですよ」
川 ゚ -゚)


9 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 12:25:34.89 ID:52BPjnGVO
川 ゚ -゚)「……ゴホン」

川 ゚ -゚)「御者さん。私はそんな話は聞いてなかったぞ?」

(御'e')「聞いてたら、乗るのを取り止めましたでしょ?」

川 ゚ -゚)「ふ……そう言う訳には行かないんだがな……」

( ∀゚キ)「ほほー。俺の他にも相乗りの客がいたのかい」

川 ゚ -゚)「素直クールと言う。よろしく頼む……」

川;゚ -゚)「!お前は……もしや『ハインド』か?」


10 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 12:44:00.04 ID:52BPjnGVO
相乗り客の娘子は
ナイスバディの素直クール年の頃なら20の半ば
ムチムチムチム、ムチムチム
ロングの黒髪はらはらり

何やらスカーピンの事を、誰ぞと人違いしているようでござんすが……

( ∀゚キ;)(ちっ……面倒だな。惚けの一手か)

( ∀゚キ;)「はいんどってなあ食い物かね?名前なら、痩せ包丁のスカーピンと呼ばれてるぜ」

どうやら慌てる所を見ると
心当りが見えすいて
スカーピンにゃあありまくり……のようでござんすが

川 ゚ -゚)「人違いだとでも言う積りか?ハインド」

( ∀゚キ;)「ハインドってなあ、人の名前かい?」

川 ゚ -゚)「……まあいい。お前がスカンピンでもハインドでも、私には関係ない事だしな」

( ∀゚キ#)「スカーピンだ」


11 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 12:53:00.94 ID:52BPjnGVO
(御'e')「アタシは御者の……センt」

川 ゚ -゚)「貴方には聞いてない」

(;e;)「はい」

川 ゚ -゚)「ではスカンピンとやら、道中よろしく頼む。といっても、私は帝都へ行く途中の浜辺で降りる積りだ」

( ∀゚キ)「ふうん?ま、適当によろしく頼まあ……」


12 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 13:01:07.96 ID:52BPjnGVO
チャカポコチャカポコ幌馬車行くは
華やかなりし大都市帝都

柄にもあらずやスカーピン
ダンマリ決め込み強面で
クールに対して妙な警戒
仏頂面のスカーピン
鉄面皮のスカンピン

( ∀゚キ)「……」

川 ゚ -゚)「……」

( ∀゚キ)「……」

川 ゚ -゚)「……スカンピンさん。一ついいか?」

( ∀゚キ)「駄目だ」

川;゚ -゚)「……」

とりつく島さえありゃしない


13 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 13:07:38.84 ID:52BPjnGVO
川 ゚ -゚)「なら、私が勝手に話すぞ」

( ∀゚キ)「……」

川 ゚ -゚)「私は、お前を知っている。知っているぞ」

( ∀゚キ)「……で?」

川 ゚ -゚)「知っているだけさ。何もしない」

( ∀゚キ)「……そりゃ賢明だぁな」

川 ゚ー゚)「私も命は惜しいからな」


14 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 13:14:19.53 ID:52BPjnGVO
川 ゚ -゚)「話を変えよう」

( ∀゚キ)「……」

川 ゚ -゚)「私がこの馬車に乗って、スカンピンさんと会ったのは、たまたまの偶然に過ぎない」

( ∀゚キ)「……」

川 ゚ -゚)「私は海辺に行き、そこで海月を観察するつもりだ」

( ∀゚キ)「……海月?」

川 ゚ -゚)「そう。クラゲ。海にたゆたう、半透明な生き物」


15 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 13:24:00.78 ID:52BPjnGVO
( ∀ キ)「キシシ……女一人で旅の理由が、クラゲ見物かい」

( ∀゚キ)「呑気なもんだぜ。幌馬車を狙う追い剥ぎが来るかも知れねえってのによ?」

川 ゚ -゚)「だがここには、運のいい事にハインド……いや、スカンピンさんがいる」

川 ゚ -゚)「スカンピンさんは自分の為に、追い剥ぎを追い払うだろう。結果、私の旅は安全だ」

( ∀゚キ)「どうかな?逃げ出すかも知れねえぜ?」

川 ゚ -゚)「そうはしない。私が追い剥ぎに、スカンピンさんがハインドである事を話すからだ」

( ∀゚キ)「……」

川 ゚ -゚)「今、スカンピンさんはこう考えている」

川 ゚ -゚)「この女を、始末しなければ。と」


17 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 13:35:07.46 ID:52BPjnGVO
男女の間の会話にしては
不穏な空気が立ち込めます
なにやらどんより殺伐な
ふいんき何故か変換できぬ

いつもの陽気なスカーピン
今日は妖気なスカーピンでござんす

( ∀゚キ)「何でクラゲを見に行く?」

川 ゚ -゚)「私は薬剤師でな。新薬開発に、クラゲのある分泌物が必要と思われるからだ」

( ∀゚キ)「……金儲けかい」

川 ゚ -゚)「そうだ。その新薬が完成すれば、さる金持ちに高く売れる」


18 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 13:43:45.76 ID:52BPjnGVO
( ∀゚キ)「……あやかりてえもんだぜ」

川 ゚ -゚)「ふ。……スカンピンさんも関わっているんだよ」

( ∀゚キ)「どういう意味だいそりゃ?」

川 ゚ -゚)「買い手は、大盗賊「天下御免の都村トソン」。つまり、ハインド……いやスカンピンさんの嫁だ」

( ∀゚キ;)「……何だと?」
川 ゚ -゚)「トソンさんの奇病を治すためには、新薬が必要だ」

川 ゚ -゚)「だからスカンピンさんは、私を殺さない。私を守るはずだ」


19 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 13:52:42.58 ID:52BPjnGVO
川 ゚ -゚)「ちなみにトソンさんの主治医は、私の姉だ」

( ∀゚キ)「なるほどねぇ……トソンちゃんは、確かに金を捨てる程持ってるからな」

( ∀゚キ)「盗賊稼ぎでしこたま稼いだらしいしな」

川 ゚ -゚)「そう。だが奇病の為に余命は短い。治療の為の新薬が必要な訳だ」

( ∀゚キ)「ゲスな話だが、その新薬で、トソンちゃんからいくらふんだくるつもりだ?」

川 ゚ -゚)「少なく見積もって……金貨1500枚といった所か」


20 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 14:07:37.19 ID:52BPjnGVO
川 ゚ -゚)「最近彼女に会ったよ」

川 ゚ -゚)「とても嬉しそうに、スカーピンという痩せ包丁の嫁になった。なれた!……と話していた」

( ∀゚キ)「……そうかい」

川 ゚ -゚)「彼女が嫁入り出来た事は、私も嬉しく思っていたよ。まさか旦那が『ハインド』だとは思わなかったしな……」

川#゚ -゚)「もちろん、その時お前の正体を知っていたら……無理にでも……」

( ∀゚キ#)「黙れ!」

( ∀゚キ#)「いいか?余計な事をトソンちゃんにしゃべって見ろ!」

( ∀゚キ#)「おめえさんを7つに切り分けてやるぜ!」


22 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 14:23:05.51 ID:52BPjnGVO
川 ゚ -゚)「心配するな。私だって、彼女の容態を悪くしたくはない。大事な金儲けの口だ。死なれては困る」

( ∀゚キ)「……」

川#゚ -゚)「スカンピン!お前の方こそ、彼女を不幸にしたらただでは置かない」

川#゚ -゚)「わかっているだろうな!?」

( ∀ キ)「……わかって、いるさぁ」

金だ儲けだ言わなけりゃ
どちらも思いを伝えれぬ
不器用極まるこの二人
本音で語るにゃ二人共
世の中辛酸、舐めすぎて

幸せなんぞは金の高
そういうこの世に誰がした
道を開くは金の鍵

……いや、二人はそうじゃねぇと
心の何処かで思いたがっているのでござんしょう

アッシもちいと
甘ぇでしょうかね……


23 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 14:28:02.90 ID:52BPjnGVO
( ∀ キ)「クラゲ……ってのはよ」

川 ゚ -゚)「……」

( ∀ キ)「まるっきり、俺とおんなじでよ……」

川 ゚ -゚)「……」

( ∀゚キ)「ゆうらゆら、ぷかぷかと浮かんでやがるんだよ」

川 ゚ -゚)「……」

( ∀゚キ)「ただひたすら……波にゆられてよ」

( ∀゚キ)「なーんにも、しねえでやんの。キシシ」


24 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 14:34:13.71 ID:52BPjnGVO
( ∀゚キ)「ただ漂う……んだ。波間をよ?」

川 ゚ -゚)「……そうだな」

( ∀゚キ)「しかもだ。下手に構うと刺しやがる。毒針でな……嫌われもんよ……」

川 ゚ -゚)「……ああ」

( ∀゚キ)「ビリビリ痺れた馬鹿野郎は思うんだよ」

( ∀゚キ)「ああ、こんな疫病神に関わらなきゃ良かったってな。そりゃそうだぁ」

川 ゚ -゚)「……」


25 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 14:34:47.25 ID:PiIGpT+q0
>>1はちょいちょい〜ようです、〜です系かいてるの?


26 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 14:43:51.56 ID:52BPjnGVO
( ∀゚キ)「クラゲはよ、身を守っただけだぜ?」

川 ゚ -゚)「……」

( ∀;キ)「生きていたい、と、思っただけだぜ?」

川 - )「その通りだな」

( ∀;キ)「自分からは、手を出したりはしねえ。なのによ……」

川 ; -;)「ただ漂う……だけなのにな」

( ∀ キ)「へへ……何を言ってんのかねぇ俺ぁ……」

川 ; -;)「……」

( ∀ キ)「……全くねぇ」


27 名前:VIPがお送りします [>>25まあ、少し] 投稿日:2011/09/03(土) 14:53:58.70 ID:52BPjnGVO
項垂れ二人の空気など
知ってや知らずやついぞ来る
ばからんばからん蹄音
いづこともなく走りよる
馬の嘶きダミの声

「まてやこらぁー!」

「そこの幌馬車!通行料を置いていけー!」

「ここは俺ら黒の流星団の縄張りだぜぇ!ヒャーッハアー!」

(御'e';)「ひ、ひいいい!お客さん方!追い剥ぎが来やがったああああ!」


28 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 14:59:49.17 ID:52BPjnGVO
川 ゚ -゚)「頼めるか?」

( ∀゚キ)「俺ぁ痩せ包丁だぜ……報酬は?」

川 ゚ -゚)「ふ……。馬鹿の嫁につける薬、50年分だ」

( ∀゚キ*)「……プラス馬鹿につける薬も50年分だ」

川*゚ -゚)「善処しよう」

( ∀゚キ)「決まり。だな!」


29 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 15:14:57.85 ID:52BPjnGVO
自慢の愛剣ダマスカス
「騙すカス公」翻し
飛び出す怒れるスカーピン

今までにない力を込めて
握る今日の日明日の日

( ∀゚キ*)「人数は、ひー、ふー、みー……ええい!面倒クセえ!」

三人までは数えたが
無駄な算盤放り投げ
怒りに任せて気を吐いて
立ち塞がりたる大丈夫

その数代わりに弾いたならば
総勢七つの痩せ包丁
いくら何でも分が悪い
明日は野晒しスカンピンでござんすねぇ

( ∀゚キ*)「海月に手を出したらどうなるか、教えてやるぜぇ!」


30 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 15:21:40.06 ID:52BPjnGVO
どうやら今日もお時間だ
絶体絶命スカーピン
明日は野晒しスカンピン
生きてはおられぬ戦いを
退けぬ思いで立つ戦士

アッシの語りにお付き合い
次もよろしく頼みます

所で夜酒の慰みに
暖かおひねり僅かに頂戴しやす

へい、ありがとうござんす
お気持ちで結構でござんす
へい、ありがとうござんす……


31 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 15:24:10.37 ID:52BPjnGVO
へい、お次のお話でござんすね?


そうさな……

第九話
( ^ω^)「見参!」

ってことで、よろしくお願いいたしますよ?

ながら話に長らくお時間
有難頂戴、また頂戴!とくら

では!


32 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 15:30:27.27 ID:PiIGpT+q0
さるった?


34 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/03(土) 15:34:11.51 ID:52BPjnGVO
いえ、今日の分はお終えでござんす

また、このVIP橋でお目にかかりやしょう



次へ 戻る 上へ