■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)ただ漂う……です
20 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 12:18:33.15 ID:bpgJdl40O
そんなこんなで日がくれて
街道沿いの宿場村
幌馬車一行一休み
御者やクールと一時別れ
ふらふらぶらぶらスカーピン
今夜の宿を探します

( ∀゚キ)「御者の野郎……宿の手配はしちゃくれねえのかい。サービス悪いねぇ」

そこは宿場の村なれば
あちこちそちこち宿はある
呼び込み一番きた娘
どこでも見掛ける風景は
ただ漂うにはおあつらえ
安宿安飯安酒ご用意と
お決まり文句の客っ引き

おや?
お決まりにしては、おかしなようでござんすよ?


22 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 12:30:50.54 ID:bpgJdl40O
(*゚ー゚)「ちょいとソコのイケてる兄さん!ウチに泊まっておいでよ!」

( ∀゚キ)「お?客引かい?小さいのにえれえこった。お嬢ちゃんはいくつだい?」

(*゚ー゚)「わたしは十歳だよ!お家のお手伝いも、頑張っているんだよ!」

( ∀゚キ)「へえ。で、宿代はおいくらだい?」

(*゚ー゚)「銅二枚だよ!他より安いんだよ!」

(*゚ー゚)「しかも今は、スペシャルイベント開催中なんだよ!なんと宿代がタダになるビッグチャンスなんだよ!」

( ∀゚キ)「ほほー。そりゃ豪気だねぇ。なら一つ、厄介になろうか」

(*゚ー゚)「やったんだよ!お客様お一人、ご案内だよー!」


25 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 12:39:58.06 ID:bpgJdl40O
( ∀゚キ)「銅二枚ならまあ安いが、ビッグチャンスについても聞かしてくんねぇ」

(*゚ー゚)「うんいいよ!あのねーだよ?」

(*゚ー゚)「うちの力自慢の兄ちゃんと野試合して、勝ったら宿代は無料になるよ!」

( ∀゚キ)「兄ちゃんは強えのかい?」

(*゚ー゚)「べらぼうに強いよ!今まで負け知らずなんだよ!」

( ∀゚キ)「そうかいそうかい。そいつは凄い兄ちゃんだな」

(*゚ー゚)「うん!兄ちゃんは強い事が自慢なんだよ!」


26 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 12:53:56.60 ID:bpgJdl40O
( ∀゚キ)「ビッグチャンスはまた今度にしておくぜ」

(*゚ー゚)「うんだよ。兄ちゃん強いから、お客さんケガしちゃうんだよ」

( ∀゚キ)「ガハハ!そりゃあ困るぜ。ほらよ、前金で銅二枚……」

宿の奥からのっそりと
現る異様な大丈夫
立派と言えば立派すぎ
デカイと言えばでっかすぎ
ニコリしたとて誰しもが
逃げ出す厳つい大番頭

(,,゚Д゚)「お帰りやんす、お客さん……」

( ∀゚キ;)「うお!こりゃまたデッカイ番頭さんだね!」

(*゚ー゚)「ウチの兄ちゃんだよ!デッカくて、強くて、料理が上手なんだよ!」

(,,゚Д゚)「『ギコギコしぃ亭』へようこそ……痩せ包丁さん」


27 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 13:01:25.81 ID:bpgJdl40O
( ∀゚キ;)「ギコギコしてえ?」

(;゚ー゚)「『ギコギコしぃ亭』だよ。ギコは兄ちゃんの名前だよ」

(*゚ー゚)「しぃ、はわたしの名前なんだよ」

(,,゚Д゚)「そういうこってやんす」

( ∀゚キ)「そうかい。俺は、痩せ包丁のスカーピン」
( ∀゚キ)「一晩、世話になるぜ。宜しくな」

(;゚ー゚)「痩せ包丁のスカーピン!」(,;゚Д゚)

( ∀゚キ;)「どうしたぃ?」

(;゚ー゚)「……」(,;゚Д゚)


28 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 13:11:15.43 ID:bpgJdl40O
名前を聞いて青ざめる
ギコとしぃの兄妹に
スカーピンはああまたか
と一人思うのでござんす

因縁つけられ追い出され
悪名一番痩せ包丁
夜露しのぐは樹の下か
はたまたVIPの橋の下……
所詮は嫌われ鼻つまみ……
まあまあ他にも宿はある
でござんすねぇ……

( ∀-キ)「あー。気にするねぇ。出ていくからよ……」

しかしながらの展開が
まさかの絡みの痩せ包丁

(,,゚Д゚)「あいや、待ってくんなせ!スカーピン殿!」

( ∀゚キ)「ああん?殿?」

(,,゚Д゚)「お願いしやす!どうか待ってくんなせ!」


29 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 13:21:10.18 ID:bpgJdl40O
(*゚ー゚)「兄ちゃん!ダメだよ!」

(,,゚Д゚)「わかってる。ちょっとだけだ……しぃ」

( ∀゚キ;)「何でぇ?何か用かい?」

(,;゚Д゚)「へぃ……あっしを、弟子にしてくだせぃ!」

( ∀゚キ;)「何て?」

(*゚ー゚)「お兄ちゃん!お兄ちゃんはここの番頭さんなんだよ!」

(,,゚Д゚)「弟子が無理なら、せめてその剣の腕を見せて頂きてえんでやす」

( ∀゚キ)「……何故?」

(,,゚Д゚)「あっしは、実は……」


30 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 13:30:57.98 ID:bpgJdl40O
(,,゚Д゚)「あっしが、『痩せ包丁のスカーピン』なんでやす……」

( ∀゚キ;)「????意味がわからねぇぞ????」

(,,゚Д゚)「申し訳ねぇ……申し訳……ねぇ……」

(*゚ー゚)「……」

( ∀゚キ)「分かるように説明してみねぇ……」

(,,゚Д゚)「へぃ……」

大番頭のいうことにゃ
自分こそがスカーピン
ならならいつものスカーピン
一体本当に本物か
痩せ包丁のスカーピン
悪名知られた痩せ包丁

一人残れば、それが本物


31 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 13:41:49.51 ID:bpgJdl40O
(,,゚Д゚)「あっしは一昨年まで、チンケな痩せ包丁でやした」

(,,゚Д゚)「あろうことか『痩せ包丁のスカーピン』と、他人様の名を語って。でやす」

(,,゚Д゚)「スカーピン殿の名を出せば、楽にしのぎができたもので」

( ∀゚キ)「マジか?俺ぁそんなに楽なしのぎはできてねぇが」

(,,゚Д゚)「そうしているうちに、おかしなもんで」

(,,゚Д゚)「変な自信がついてきやして……」

(,,゚Д゚)「本物を始末しちまえば、あっしが名実共にスカーピンになれる。と」

( ∀゚キ;)「そんな大層なもんじゃねえと思うが……」


32 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 13:49:29.88 ID:bpgJdl40O
(,,゚Д゚)「ですが、あっしにはしぃがいやした」

(*゚ー゚)「……」

(,,゚Д゚)「家業の宿屋に帰ってカタギに戻る。そうきめて、今は番頭をしてやす」

( ∀゚キ)「それでいいやな……」

(,,゚Д゚)「ですが、痩せ包丁としての夢はまだ諦め切れてねえ!せめて痩せ包丁のスカーピン殿に勝ってから、カタギに戻りてえ!」

( ∀゚キ)「……」

( ∀゚キ)「……まったく」

( ∀゚キ)「……おめえほど、腐った野郎は見たことがねえぜ」


33 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 13:59:26.98 ID:bpgJdl40O
( ∀゚キ#)「表に出やがれ!」

(,,゚Д゚)「!」

( ∀゚キ#)「お望み通り、痩せ包丁のスカーピンが相手になってやる!」

(,,゚Д゚)「……すまねえ。スカーピン殿」

(*゚ー゚)「兄ちゃん……」
( ∀゚キ#)「てめえなぁ、ただの駄々っ子の言い分だぁ!」

( ∀゚キ#)「外道極道ってのはよ……その道しか選べねえ、最低のゲスだけがやるべきなんだ」

(,,゚Д゚)「……」

( ∀゚キ#)「お天道様の下で大手を振って歩けるくらいには」

( ∀゚キ#)「手加減してやらあ!」


34 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 14:05:17.03 ID:bpgJdl40O
ギコの夢見た極道に
どれだけ価値があろうかは
アッシにゃとんとわかりませんが

我らが怒れる痩せ包丁
握った拳か怒りシワ
大きな子供を折檻の
外道が仕置きたぁお笑い草でござんす……


35 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 14:08:47.78 ID:bpgJdl40O
いけねぇ……これまた時間となりました

次の出会いを楽しみに
今日もおいとま、また今度

おひねりこちらのいつもの缶に
ほんのお気持ち、頂戴しやす

へぃ、ありがとうござんす、ありがとうござんす……


36 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/09/09(金) 14:12:34.59 ID:bpgJdl40O
へい、お次のお話でござんすね?

そうさな……

第十一話
( ∀゚キ)「支えます」

ってことで、よろしくお願いいたしやすよ?

……ながら話に長らくお時間
有難頂戴、また頂戴!とくら

では!



次へ 戻る 上へ