■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)ただ漂う……です
1 名前: ◆I7nIJ7EFj6 [] 投稿日:2011/10/04(火) 07:02:55.35 ID:grfzw+R0O
ガンガンガン!

厭き風に
巻かれて漂う
この葉なし

お目にかかるも久しぶり
お暇とおひねり頂戴に
やって来ました秋もせず
お寒い風もなんのその

ながら話の珍道中
スカーピンのお話も
もうじきお仕舞い
期待はせずに見ていって

お暇潰しの


( ∀゚キ)ただ漂う……です


2 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 07:04:46.32 ID:grfzw+R0O
第十二話

( ∀゚キ)「決闘」


3 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 07:13:08.60 ID:grfzw+R0O
寂れた神社で一夜を過ごし
帝都へ向かう乗り合いの
馬車に戻ったスカーピン

御者の言うにはもうじきに
海辺を通ってあと2日
かからぬ旅と言うことでござんす

( ∀゚キ)「帝都、か……」

帝都にゃきっといるはずの
逃げた女房を追いかけて
男一匹痩せ包丁
華やかなりし、都へと……


4 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 07:21:57.66 ID:grfzw+R0O
川 ゚ -゚)「そろそろ海に着くそうだ」

川 ゚ -゚)「私はそこで降りる。しばしのお別れだな」

( ∀゚キ)「俺の嫁さんの為の薬、任せたぜ?」

川 ゚ -゚)「うむ。全力でやってみるさ」

( ∀゚キ)「薬ができたら、帝都までブーンの野郎と二人で来てくれ」

川 ゚ -゚)「豚肉ブーンと?何故だ?」

( ∀゚キ)「アイツは追い剥ぎ避けの用心棒だよ」

川 ゚ -゚)


5 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 07:31:09.52 ID:grfzw+R0O
( ∀゚キ)「ブーンには、そういう事で話をつけておくさ」

川 ゚ -゚)「分かった」

( ∀゚キ)「問題もあるっちゃあるが……あの豚、おめえさんに惚れてるようでよ」

川 ゚ -゚)「そうなのか?特に構わんぞ?」

( ∀゚キ;)「おめえさんがいいてっんなら、まあいいけどよ」

川 ゚ -゚)「うむ。問題ない」

川*゚ -゚)「見た目が豚の様なケダモノ男……私にはむしろご褒美だ」

( ∀゚キ;)「そ、そうかい……」


7 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 07:41:13.31 ID:grfzw+R0O
いつしか道中潮の風
ざざり、ざざりと波の音

スカーピンは何やら思案中

( ∀゚キ)(砂浜はいけねえ。砂だらけだからな……とすれば……)

川 ゚ -゚)「どうした?」

( ∀゚キ)「あ、いや、気にしねえでくれ」

川 ゚ -゚)「?……そうか。」


砂浜そばの街道を
ぽくりぽくりと幌馬車が
ひとまず目指すは海の家
そこらで一時休憩で
素直クールともお別れと……


8 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 07:51:55.16 ID:grfzw+R0O
たどり着いたる海の家
痩せ包丁のスカーピン
幌馬車降りてキョロキョロと
何やら探している様子

( ∀゚キ)「あっこが良いねえ。波打ち際に近い……」

川 ゚ -゚)「スカンピンさん?何をしている?」

( ∀゚キ)「いや……何でもねえさ」

( ∀゚キ)「それより、吹吹(ぶんぶく)ブーンを呼んできてくれめえかい?」

川 ゚ -゚)「私がか?」

( ∀゚キ)「あの野郎、俺の言うことは聞かねえだろうからな」

川 ゚ -゚)「それもそうだな。敵同士だったか」

( ∀゚キ)「お互いに賞金首だ。相手の首を狙いあう間柄さ」

川 ゚ -゚)「……分かった」


9 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 08:06:26.48 ID:grfzw+R0O
幌馬車近くの後方に
控えて護衛の影仕事
その名も高き痩せ包丁
吹吹(ぶんぶく)ブーンと人の言う

( ^ω^)「お?クールさんはここで降りるんだおな?」

川 ゚ -゚)「うむ。海月のエキスを集め、新薬を作る。それが私の仕事だからな」

( ^ω^)「そうかお。……なら薬ができるまで、俺が護衛してやるお」

川 ゚ -゚)「そう頼みたいが……報酬など出せないんだ。私も貧乏でな」

( ^ω^)「報酬は、あのスカンピン野郎から頂くことにするお」

川 ゚ -゚)「首を取るのか?」

( ^ω^)「さあな……それもいいと思うお」

川 ゚ -゚)「それはともかく、スカンピンさんが豚肉ブーンさんを呼んでいるぞ?」

( ^ω^)「……そうかお。やはりケリをつけるのかお」

川 ゚ -゚)「……」


10 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 08:15:41.58 ID:grfzw+R0O
川 ゚ -゚)「無駄とも思うが一応聞きたい」

( ^ω^)「なんだお?」

川 ゚ -゚)「どうしても戦わなければならないのか?」

( ^ω^)「俺ら痩せ包丁は、利益にならねぇ事はしねえお」

( ^ω^)「クールさんの護衛の代金、そいつをスカンピン野郎が払う」

( ^ω^)「それが出来なきゃ、きゃつの首をもらって代金に替えるしかねえお」

川 ゚ -゚)「……そうか」

( ^ω^)「無情、外道と罵るかお?」

川 ゚ -゚)「……いや、罵りはしないが、吹吹ブーンさんにも知ってほしい」


11 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 08:28:04.01 ID:grfzw+R0O
( ^ω^)「何をだお?」

川 ゚ -゚)「意外と気持ちがいいこと」

(;^ω^)「は?」

川 ゚ -゚)「残念ながら私のムチムチな体の話ではなくてな」

(;^ω^)「は、はいですお……」

(;^ω^)(何言ってんだコイツ……あ、こんなキャラだったか)

川 ゚ -゚)「私が吹吹ブーンさんに知ってほしいのは、な?」

川 ゚ -゚)「タダ働きほど、気持ちよくできる仕事もないという事だよ」

( ^ω^)「……御免こうむるお」

川 ゚ -゚)「タダ働きは、失敗の責任を負わなくてもいい。うまく行けば丸儲けだ」

( ^ω^)「言いくるめようってかお……」

川 ゚ー゚)「私もなかなかゲスだろう?」

( ^ω^)「ちげえねえお」


13 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 08:40:27.10 ID:grfzw+R0O
二人からから笑っても
心に吹くのは空っ風
からから風の吹く男
吹吹ブーンも痩せ包丁……でござんす

( ^ω^)「……いずれにせよ、ここで決着はつけねばならないお」

川 ゚ -゚)「やはり聞いてはもらえないか……」

( ^ω^)「すまんお」

川 ゚ -゚)「いや……」

( ^ω^)「多分だが、スカンピン野郎も俺も、賞金がかかってなくてもな」

川 ゚ -゚)「やり合う運命だと?」

( ^ω^)「そう。剣士として、男として」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「そこに意味はなくとも、やるお」

( ^ω^)「それが俺らの選ぶ、気持ちいい生き方。かも知れないおな」

川 ゚ -゚)「……そうか」

川 ゚ -゚)「ならせめて約束しろ」


15 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 08:54:24.88 ID:grfzw+R0O
( ^ω^)「約束?」

川 ゚ -゚)「死なないで」

( ^ω^)「……」

川 ゚ -゚)「吹吹ブーンさんに死なれたら、私の護衛をしてくれる者がいなくなる」

( ^ω^)「いい台詞だお……」

( ^ω^)「スカンピン野郎と違って、俺は全くモテなかったからな……」

川*゚ -゚)「これからは、私が何度でも言ってやる」

( ^ω^)「……ありがてえ……ありがてえお」

川*゚ -゚)「死なないでくれブーンさん。無事に終わらせて戻ってきてくれ」

( ^ω^)「……」

川*゚ -゚)「戻って来ないと、私は私のムチムチな体をもてあましてしまう」

(;^ω^)(いい雰囲気をぶち壊すこの性格……性癖か?)

川*゚ -゚)「戻ってきたら、男らしさ獣らしさを、私のムチムチな体にぶつければいい!」


16 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 09:04:35.45 ID:grfzw+R0O
(;^ω^)「もちけつ」

川*゚ -゚)ハアハア

(;^ω^)「もちつけ」

川;゚ -゚)ハアハア

( ^ω^)「落ち着け」

川 ゚ -゚)「……すまない。落ち着いた」

( ^ω^)「そうかお。なら、ちょっくら行ってくるお」

川 ゚ -゚)「死ぬなよ?」

( ^ω^)b「把握した」

川 ゚ -゚)「できれば、スカンピンさんも見逃してやってくれるか?」

( ^ω^)「俺は技巧一番、痩せ包丁の吹吹ブーンだお」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「任せておけお」


18 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/04(火) 09:12:40.92 ID:grfzw+R0O
川 ゚ー゚)「そうか」

( ^ω^)「ただし、スカンピン野郎が弱すぎたら、諦めてくれお」

川 ゚ー゚)「ふ……」

(*^ω^)「こっちが手加減してても、勝手に死なれたら、そりゃシラネえお」

川 ゚ー゚)「おそらくは、スカンピンさんも同じ事を言うんだろうな」

( ^ω^)「……ちげえねえお」


カカカと笑って背を向けて
吹吹ブーンは痩せ包丁

向かうは同じく痩せ包丁
スカーピンとの決着か……でござんす



次へ 戻る 上へ