■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)ただ漂う……です
1 名前: ◆I7nIJ7EFj6 [] 投稿日:2011/10/08(土) 08:14:07.36 ID:5U71+T7WO
ガンガンガーン!

いつものVIPの橋の隅
小遣い稼ぎの語り屋が
今日も来ましたお目汚し

お暇と小銭で太った方は
ちょっくら寄ってダイエット

ただただただし、駄菓子菓子
なんのことあるながらの話
期待したなら、負けでござんす
平たい気持ちでなんとなく

そんな話だ

( ∀゚キ)ただ漂う……です


2 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 08:16:25.29 ID:5U71+T7WO
第十三話

( ∀゚キ)「俺はここだ!」


4 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 08:22:30.02 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「何年ぶり、かねぇ……」

帝都の門を仰ぎ見て
一人我らがスカーピン
昔に捨てたこの都
感慨深げなその様子

単眼細めて過去と今
比べて切ない痩せ包丁……でござんす

( ∀゚キ)「帰って来ちまったなぁ」

( ∀-キ)「帰って、来ちまったよ……」


5 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 08:31:03.30 ID:5U71+T7WO
この度我らがスカーピン
帝都へ赴くその訳は

逃げた一等賞金首
天下御免の大盗賊
己が妻の都村トソン
奇病に冒され明日知れず
帝都に潜んで療養中
彼女に会いたい一心か
はたまた
彼女の遺産を狙ってか

( ∀゚キ)「といって……トソンちゃんの潜伏先はわからねえし……」

( ∀゚キ)「さてどうしたもんかねぇ……」


7 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 08:42:33.88 ID:5U71+T7WO
帝都城下の街並みは
昔と変わらずはでやかで
どうにも馴染めぬこの水に
気がつきゃ赴く裏通り

陽の当たらない、路地裏の
空き地で一人さ迷えば
帝都と言えどもそこはそれ
外道の通りでございます

誰が呼んだか名付けたか
ネズミ通りと申します

( ∀゚キ)「……ネズミ通りか。ここも昔と変わらねえな……」

( ∀゚キ)「華やかなりし大帝都の、影には薄汚ならしいネズミ通り……」

( ∀゚キ)「確かここらに、ショボ公のバーがあったはずだが」

( ∀゚キ)「まだあの店、やってるのかね?」


8 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 08:50:17.60 ID:5U71+T7WO
キョロキョロ辺りを見渡せば
ようやく見付かる看板に

バーボンハウス「テキーラ」と

( ∀゚キ)「バーボンなんだかテキーラなんだか……って突っ込みも、懐かしいねぇ」

( ∀゚キ)「一杯引っ掛けて、情報集めるかい」

バーボンハウス「テキーラ」の
扉は開いておりまして
のそのそのっそりスカーピン
痩せ包丁様ご来店

( ∀゚キ)「よー!ちと早い時間だろうが、やってるかい?」


9 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 08:59:53.91 ID:5U71+T7WO
(´・ω・`)「すみません。まだ開店の時間じゃ……」

( ∀゚キ)「ようショボ公!元気だったか?」

(´・ω・`)「ハインド先生じゃねえか!久しぶりだな!」

( ∀゚キ;)「あー、俺ゃあもう、ハインドでも先生でもねえんだ」

(´・ω・`)「そうだったね」

( ∀゚キ)「痩せ包丁のスカーピン。それが俺の今の名前だ」

(´・ω・`)「あのハインド先生が痩せ包丁か……」

(´・ω・`)「なるほど。その名前も風に聞いてるよ」

(´・ω・`)「情け無用の痩せ包丁、スカーピン」

( ∀゚キ)「キシシ……そっちで呼んでくんねぇ」

(´・ω・`)「わかった」


10 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 09:10:06.20 ID:5U71+T7WO
(´・ω・`)「このテキーラはサービスだから、一気に飲んで欲しい」

( ∀゚キ;)「初手からテキーラを勧めるのも、変わってねえなw」

(´・ω・`)「文句いうな。ぶち殺すぞ」


11 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 09:17:54.88 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「実はよ、天下御免の大盗賊を追ってるんだがな」

(´・ω・`)「天下御免の都村……かい?一等賞金首だよね。大変な仕事だよ?」

( ∀゚キ)「仕事って言うか……痴話喧嘩というか……いや、喧嘩はしてねえか」

(´・ω・`)「?」

( ∀゚キ)「トソンちゃん……つまり、天下御免の都村をよ」

( ∀゚キ)「俺、嫁さんにしたんだよ」

(;´・ω・`)そ

(;´・ω・`)「何だって?」

( ∀゚キ)「トソンちゃんは病でな、今はどこかに隠れてるらしい」

(;´・ω・`)「信じ難い話だね……」


14 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 09:28:03.60 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「病のせいで生い先短いんでよ、俺が彼女を護衛してやろうってこった」

(;´・ω・`)「……そうなのか。嫁を護衛ってのはちょっと変だけど」

( ∀゚キ)「俺ぁ痩せ包丁だからな……俺のギャラはトソンちゃんの莫大な遺産。って訳だ」

(;´・ω・`)「……なんという……」

( ∀゚キ)「わっかるかなー?いや、わっかんねえだろーなーw」

(´・ω・`)「古いネタだね……もはやおっさんでも知らないよそれ」

( ∀゚キ)「こんなクズですが……また改めて宜しくな!キシシ」

(´・ω・`)「いや、ハインド先生……じゃないか」

(´・ω・`)「スカーピンがそんなにゲスい奴じゃないこと位、知ってるけどさ」


15 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 09:37:05.60 ID:5U71+T7WO
(´・ω・`)「すまないけど、肝心の天下御免の都村については、何にもわからないんだ」

(´・ω・`)「正体不明、神出鬼没。女だってことすら、今初めて知った位でさ」

( ∀゚キ)「そうかい……いや、そうだろうな」

(´・ω・`)「だけど、スカーピンに有益な別の情報はある」

( ∀゚キ)「へえ?いくらで教える?」

(;´・ω・`)「ロハでいいよ。元ハインドにしか意味のない情報だからね」

( ∀-キ)「ああ、そっち系の話かい……」

(´・ω・`)「うん。『香車のモララー』のこと、覚えてるよね?」


16 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 09:46:03.63 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「槍のボウヤか。出世したろうな?」

(´・ω・`)「うん。今は『銀将のモララー』になったよ」

( ∀゚キ)「キシシ……香車は成ったら金になるんじゃねえのかい?」

(´・ω・`)「それだよ。正騎士の金の鎧を与えられず、銀将にしかなれなかったモララーは」

(´・ω・`)「いま手柄に飢えている。騎士の中でも危険な奴になっちまった」

( ∀゚キ)「……へえ」

(´・ω・`)「ハインド先生を見かけたら、まず間違いなく手柄にしようとするだろう」

(´・ω・`)「ハインドの首を取って、皇帝陛下に捧げることによってね」


17 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 09:54:01.86 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「俺の首は、黄金虫6匹の価値しかねえぜ?」

(´・ω・`)「それは痩せ包丁のスカーピンとしてだろう?」

( ∀゚キ)「そうだが」

(´・ω・`)「元師範、ハインドの首を取ったなら、ちょっとした領地を頂けるレベルさ」

( ∀゚キ)「買いかぶりだぜ。俺の実力はしょせん、黄金虫6匹さ」

(´・ω・`)「それは活人剣の達人が言うことかい?」

(´・ω・`)「僕だってハインドの門下生だったんだよ?」


18 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 10:01:03.49 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ;)「おいおい、あれはでっち上げの剣法だぜ?」

(´・ω・`)「でも、ハインド先生は負け知らずだった」

( ∀゚キ)「……」

(´・ω・`)「皇帝陛下は、経緯や生い立ちに関わらず、強い者を愛する人だからね」

(´・ω・`)「最終的に勝てばいいという、ハインド先生の剣法を認めていた」

( ∀゚キ)「……勝手に好かれてただけだぜ」

(´・ω・`)「皇帝陛下が、まだ嫌いなんだね?」

( ∀゚キ)「さあな」


19 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 10:11:47.93 ID:5U71+T7WO
(´・ω・`)「とにかく、『銀将のモララー』には気をつけて」

( ∀゚キ)「ああ、忠告ありがてえ……が」

(´・ω・`)「?」

( ∀゚キ)「遅かったようだな。どうやら長居し過ぎたようだ」

バーの入り口銀ぴかの
鎧まといし騎士一人
スカーピンをねめつける
右に短槍左に鈎手甲
ものものしすぎる出で立ちも
戦場ならば分かりはすれど

平時に鎧はもはやアレ
……チンドン屋?

(#・∀・)「ハ・イ・ン・ド!」

(;´・ω・`)「モララー!」

( ∀゚キ)「久しぶりだあな……『香車のモララー』」


20 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 10:19:33.40 ID:5U71+T7WO
(#・∀・)「今の私は、『銀将のモララー』だ」

(#・∀・)「そう覚えてくれたまえ!」

( ∀゚キ)「おめでとうよ?金になり損なった『銀将のモララー』さんよ……キシシ」

(#・∀・)「貴様を倒して、堂々と金の鎧を頂く」

( ∀゚キ)「騎士がそんなにいいものかねえ?」

(#・∀・)「貴様の様な、痩せ包丁に身を落とす輩には分かるまい!」

(´・ω・`)「ハインド先生は、もともと痩せ包丁だったけどね」

( ∀-キ)「……おんなじさぁ」


21 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 10:31:01.95 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「痩せ包丁は金と飯、騎士は領地と名誉……」

( ∀゚キ)「目的は違っても、手段は同じ」

( ∀゚キ)「蓋を開けてみりゃ、強請、たかり、強盗、殺人……卑劣な外道のオンパレードさ」

(#・∀・)「痩せ包丁などと一緒にするな!」

( ∀゚キ)「おめえさんは、自分のしようとしている事が、わかっているのかい?」

( ∀゚キ)「俺はこの通り、武器を持ってねえ。なのに」

( ∀゚キ#)「なんだそのチンドン屋みてえなフル装備は!騎士なら少しは恥を知れ」

(#・∀・)「皇帝陛下から頂いた鎧を、チンドン屋呼ばわりとは」

(#・∀・)「不敬の罪だからな!斬らねばならないんだからな!」

( ∀゚キ)「やれやれ……権力に溺れた元弟子か」


22 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 10:39:37.26 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「おいたしたガキは、折檻されるもんだよな?なあショボ公」

(;´・ω・`)「折檻って言っても、スカーピンは武器も持ってないじゃないか」

( ∀゚キ)「いらねえよ。ガキをあやすのに、武器持ち出す馬鹿野郎が居るかい?」

(;´・ω・`)「いくら何でも無茶だよ!」

( ∀゚キ)「そうかい?ま、見てれば分かるぜ?」

( ∀゚キ)「スカーピン流、夜泣きするガキのあやしかた。披露するぜ」

(#・∀・)「貴様……どこまで私を舐める!」


23 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/08(土) 10:46:22.25 ID:5U71+T7WO
( ∀゚キ)「やるかい?痛い目みるぜ?」

(#・∀・)「覚悟しろハインド!殺して黙らせて首をもぎ取って死体は野晒しにしてやる!」

(´・ω・`)「モララー……壊れてるね……」

( ∀゚キ)「そうかい。なら」

( ∀゚キ)「試すかい?俺とお前の知恵を……?」

(#・∀・)「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す」

( ∀゚キ)「ショボ公、さっきのテキーラ、頂くぜ?」

(´・ω・`)「う、うん。構わないけど……」



次へ 戻る 上へ