■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)ただ漂う……です
23 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 09:05:12.03 ID:hwcIBOO4O
所謂出会いは最悪の
数奇な運命吹吹ブーン
吹吹ブーンも痩せ包丁
流れ漂いその数奇
どうしてどうしてなかなかに
スカーピンにも劣りはしません

(;^ω^)(どうしてこうなった……)

ノハ*゚听)「汚い手を使ったとはいえ、ここまで私を追い詰めた男は、過去にいなかった」

( ^ω^)「だろうな。まともにやりあったら、勝負は分からなかったお」

( ^ω^)「おめえさんがとんでもなく強いってのは、構えを見ただけでわかるお」

ノハ*゚听)「しかも、見逃して……手当てまで」

( ^ω^)「きちんとした試合をしてみたい。と思ったんだお」

( ^ω^)「今回は、痩せ包丁としての仕事を優先したがな。ま、プロだからな」

ノハ*゚听)「兄さん、騎士に……ならないか?」

ノハ*゚听)「私が皇帝陛下に推挙するぞ!」

( ^ω^)「やらないか?みたいに言うなお……」


24 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 09:18:16.13 ID:hwcIBOO4O
( ^ω^)「……どういうことだお?」(うっひょー!大出世チャンスキタコレ!)

ノハ*゚听)「恥ずかしい話だが、最近の騎士たちは、手柄ばかり欲しがって……」

ノハ*゚听)「騎士たる誇りや、優しさを見うしなっている者ばかりなんだ」

( ^ω^)「そうだな。剣を持つものは、優しさを忘れてはいかんお」(なんちゃって)

ノハ*゚听)「私もそうだ。手柄がないと騎士を下ろされるから」

( ^ω^)「そんな腐ったしきたり、俺が騎士になって中からぶっ壊してやるお」(とかいってフヒヒ)

ノハ*゚听)「そうか!それは素晴らしい!」

( ^ω^)「任せておけお。俺が騎士の道を正してやる!」(そして金持ちに!)


25 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 09:29:17.38 ID:hwcIBOO4O
ノハ*゚听)「ブーンさん。あなたは顔はともかく、素晴らしい人格者だ」

(*^ω^)「てれるぜ……。よせお……顔はともかく?」

ノハ*゚听)「いっそ姉さんじゃなく、私の旦那にならないか?」

(;^ω^)「……えっ?」

ノハ*><)「な ら な い か!?」

(;^ω^)(モテ期って、マジにあんのね神様)

( ^ω^)「な ら ね え お。俺にはクールさんがいるんだお」

ノハ;゚听)「そうか……でも、騎士になってくれるだけでもいいぞ」


26 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 09:40:30.90 ID:hwcIBOO4O
もはや語りのこのアッシ
釈迦の指から抜けてでて
勝手に話が転がって

好きに吹く風吹吹ブーン
明日は明日の風が吹く
空っ風吹く痩せ包丁
剣のその腕一番技巧
吹吹ブーンと人の言う……

残念ながらの吹吹ブーン
主役ではなく単なるゲスト
出番はここで、おしまいと
相成りますんでオサラバと
……でござんす

( ^ω^)「一番技巧の吹吹ブーン。縁があったらまた逢おう。お!」


27 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 09:47:18.04 ID:hwcIBOO4O
さてさて場面は切り替わり
クールの潜んだ海の家
中では何が起きていたのか
話を進めて参りやす

( ∀゚キ#)「無理……ってなぁ、どういうこったい!」

( ∀゚キ#)「そんな言葉で、引っ込みのつくことじゃあねえぜ!」

( ∀゚キ#)「何とかしろよ!……何とかしてくれよ!」

( ∀;キ)「頼む……頼むからよ……」


28 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 09:56:50.91 ID:hwcIBOO4O
川 - )「すまない」

( ∀゚キ;)「すまない?すまないってなんだよ?」

(-、-トソン「アナタ……クールさんを責めないでください」

( 、 トソン「新薬は……一年やそこらでは完成しない。初めから、わかっていたのです」

川 - )「すまない。全力でやってみたが、3年はかかりそうだ……」

( ∀;キ)「金か!金ならある!足りなきゃいくらでも言ってくれ!」

( ∀;キ)「頼むから、すまないなんて言わねえでくれ!」


29 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 10:04:50.51 ID:hwcIBOO4O
(;、;トソン「私、嬉しいです。こんなに人に感謝したことはありません」

( ∀;キ)「なに言ってやがる!トソンちゃんは薬が出来なきゃもう一年も生きられないんだろ?」

(;、;トソン「皆さんに、とても良くしていただきました」

(;、;トソン「クールさんは、無理とわかりつつも」

(;、;トソン「それでも必死に薬を作ろうとして下さった……私のために」

川 - )「……っ」


30 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 10:12:54.45 ID:hwcIBOO4O
(;、;トソン「吹吹ブーンさんも、アナタやクールさんを守って戦って下さった」

( ∀;キ)「あの野郎は金の為だよ」

(;、;トソン「いいえ。お金のためならもっと効率のいい稼ぎ方があります。痩せ包丁なんですから」

( ∀;キ)「……」

(;、;トソン「アナタだって、吹吹ブーンさんに感謝していますよね」

( ∀;キ)「……ああ」

(;、;トソン「優しい方々……なのです。クールさんも、吹吹ブーンさんも……」


32 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 10:21:17.56 ID:hwcIBOO4O
(;ー;トソン「そしてもちろん、アナタにも感謝していますよ」

( ∀;キ)「てやんでえ!俺は、トソンちゃんの遺産を目当てにしてる」

( ∀;キ)「ただの子悪党なんだぜ!」

(;ー;トソン「アナタは、盗賊の私に言ってくれました」

(;、;トソン「べっぴんさんだって。カタギだったら嫁にしたいって……」

(;ー;トソン「今、俺の嫁になれ……って」

( ∀;キ)「……」

(;、;トソン「絶望の縁にいた私に、嫁になれ!って言ってくれたんです」


33 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 10:33:03.58 ID:hwcIBOO4O
(;ー;トソン「あの言葉で、どれだけ私が救われたか……」

(;ー;トソン「しかも、私を帝都まで探しにきて下さった」

(;ー;トソン「VIPの橋の上、アナタの背中は、本当に優しく暖かかった……」

( ∀;キ)「……」

(;ー;トソン「私はもう、いつ死んでも悔いはありません」

(;、;トソン「病にかかったのは盗賊としての罪、天罰なのかも知れません」

(;、;トソン「私はきっと地獄にいくでしょうけど」

(;ー;トソン「皆さんと、アナタの優しさに触れた。触れさせて頂いたから」

(;ー;トソン「生きていて、良かった……と思います」


34 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 10:42:17.57 ID:hwcIBOO4O
なんたることか無情にも
薬はもはや、間に合わず
そんな道理は糞を喰らえと
吠える我らがスカーピン

いくら吠えども喚くとも
出来ぬ相談横断歩道
全てがグリーンうまくいく
そんなはずだと思いたい
青い信号待ちにもまって
それでも渡れぬ流れ川

(;、;トソン「アナタ……お願いがあります」

( ∀;キ)「何でえ?何でも言ってみねえ!」

(;ー;トソン「今生も、そして来世も……できれば嫁にしてください」


35 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 10:52:24.84 ID:hwcIBOO4O
( ∀゚キ#)「バッキャロウ!」

来世の先のプロポーズ
怒りの面をみせ吠える
スカーピンは痩せ包丁
情け無用の痩せ包丁……
ひでえ野郎でござんして……

(;、;トソン「ダメ……ですか……」

川#゚ -゚)「スカンピン!この情け知らずが!」

( ∀゚キ#)「そうじゃねえだろ馬鹿野郎!」

( ∀゚キ#)「今生も、来世ももちろん」

( ∀゚キ#)「地獄でだって嫁にしてやらあ!」

( ∀^キ)「先に行って、地獄で式場の予約をしておけよ……」

(;ー;トソン「は……はい!」


36 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 11:00:58.71 ID:hwcIBOO4O
こいつはアッシも一本を
取られた様子のいい言葉

痩せ包丁のスカーピン
鬼だ外道だ言われちゃいても
中身はやっぱり人のそれ

( ∀-キ)「キシシ……楽しみだなあ!?」

(^ー^*トソン「はい!」

( ∀゚キ)「今生に……」

(゚ー゚トソン「思い足りぬはまた明日……」

( ∀゚キ)「きっと地獄でまた逢おう……ってな」

(;ー;トソン「はい……はい……!」


37 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 11:07:25.26 ID:hwcIBOO4O
川;ー;)「まったく……ノロケてくれるじゃあないか」

( ∀゚キ)「文句あるかい?キシシ」

(゚ー゚トソン「文句ありますか?」

川*゚ー゚)「あるさ。そんな台詞、ブーンは言わないだろうからな」

( ∀゚キ)「へへ。経験値の違いよな」

(゚、゚トソン「アナタの経験については流しますよ?」

( ∀゚キ;)「おっととと。こりゃ失言」

(゚、゚トソン「今日はね?」


38 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 11:13:25.33 ID:hwcIBOO4O
川 ゚ -゚)「一つ聞きたい。いや、聞くまでもないかな」

(゚、゚トソン「はい?」

川 ゚ー゚)「幸せかい?都村トソン」

(゚ー゚*トソン「はい!死ぬほどに!」

( ∀゚キ)「死ぬほどじゃあ困るな。少し冷たく釣れなくするかぃ?」

(゚、゚トソン「私がアナタにね」

( ∀゚キ;)「おうふ」

(゚ー゚トソン「ウフフ」


40 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 11:17:01.79 ID:hwcIBOO4O
ながら話を続けに続け
残る話もあと一話
今日もここらで退散し
また次よろしくお願いしやす

その前ちょっくら皆さんの
温情おひねり頂いて
今夜の肴といたしやす

へいありがとうござんす
……ありがとうござんす


42 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/15(土) 11:21:49.82 ID:hwcIBOO4O
へい、お次のお話でござんすね?

……そうさな

最終話

( ∀゚キ)「きっと地獄でまた逢おう」

ってことで、よろしくお願いいたしやすよ?

ながら話に長らくお時間
有難頂戴、また頂戴!とくら

では!





ちなみに、最終話のスレタイは
ちょっくら捻らせていただきやす
フヒヒっと!!



次へ 戻る 上へ