■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)只海月、月海に漂い、彷徨うさまです
1 名前: ◆I7nIJ7EFj6 [] 投稿日:2011/10/26(水) 07:31:56.70 ID:KzSSc8BFO
がん……ごつん

ドラム缶
ひしゃげてへたれて錆び付いて
だあれも見向きもせぬ話

最終回とてスレが落ち
恥を忍んでもう一度
命の最後の灯火を
燃やして消えたいながらの話

何とかしてでも今月中
終わらせなければいけません

果たしてきちんと終われるか

月海に漂うはぐれの海月

そんな話だ

( ∀゚キ)ただ漂う……です


2 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 07:34:34.48 ID:KzSSc8BFO
お詫び

前回最終回のはずが、作者の不徳の致すところで
スレ落としてしまいました

恥を忍んで、続きを書きます


3 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 07:34:41.32 ID:R/UFGQWrO
はい


4 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 07:36:18.42 ID:KzSSc8BFO
最終話

( ∀゚キ)「きっと地獄でまた逢おう」
の続き


5 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 07:45:23.17 ID:KzSSc8BFO
その頃

落成式のその前に
宿の手配やロケ地の視察
新米騎士たる先見人
一人のっこり村へと向かう
文句たらたら屁もぶうぶう

( ^ω^)「下らん仕事だお……騎士が小間使いとはな」

( ^ω^)「一番技巧のこの腕が泣くおね……」

どこかで見たよな太丈夫


6 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 07:56:11.49 ID:KzSSc8BFO
( ^ω^)「いっそ、モララーとか言う野郎を倒して」

( ^ω^)「代わりに城主に収まってしまおうかお……」

(*^ω^)「なんてな!フヒヒ」

背中メの字に二本の刃
ひとつは大長、白金の太刀
もひとつ担ぐは異国の剣
ダマスカス鋼の長剣のようでござんす……

(;^ω^)「騙すカス公の剣が重すぎだお。しんどいお……」

( ^ω^)「とっとと売っ払って、身軽になりたいおね」


7 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:05:23.37 ID:KzSSc8BFO
この男
以前はそこそこ名の知れた
痩せ包丁でござんした
通りの名前は一番技巧
痩せ包丁の吹吹(ぶんぶく)ブーン
ござんしたのにどういう訳か
帝国騎士と成り上がり……あいや、成り下がり
チンケな棒録食む羽目に

( ^ω^)「ぐう、手柄を立てなきゃ、いつまでも末端のままだお……」

( ^ω^)「手柄欲しがり帝国騎士と」

( ^ω^)「金を欲しがる痩せ包丁……どこが違うんだかな」


8 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:11:31.16 ID:KzSSc8BFO
ぶつぶつブウブウ屁をたれて
向かうはモララー住む居城
たどり着くのは間もなくで
そこに待ってる数奇な運命
知ってや知らずや……でござんす

(;^ω^)「下っぱはつれえおな……」

( ^ω^)「こんな下らん仕事、適当にさっさと終わらせて、帝都に帰りたいお」

そうは行かぬがこの話……でござんす


9 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:13:50.56 ID:q768HZzV0
タイトルが長いなと思ったら最終回なのか


10 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:13:57.02 ID:KzSSc8BFO
数日後……でござんす


11 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:26:52.22 ID:KzSSc8BFO
モララー城の門の前
のっこりあらわる太丈夫
不満を押し込めニコヤカ面の
営業スマイル吹吹ブーン

( ^ω^)「どおもー!帝都からの先見ですお!」

( ・∀ミ)「やあご苦労様です。道中お疲れでしたでしょう?」

( ^ω^)「いや、道中熊やら追い剥ぎやらは出ましたが」

( ^ω^)「ちょちょいと片付けて来たもんで、時間がかかってしまいましたお」

口から出任せ嘘っぱち……でござんす

( ・∀ミ)「それはそれは……ならば帝都より来られる本隊の方の宿の手配は、こちらでやりましょう」

(;^ω^)「かたじけないですお……」(ラッキー!お仕事終わりだお!)


12 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:37:29.11 ID:KzSSc8BFO
( ・∀ミ)「ただ一つ、ちょっとしたお願いがあるのです」

( ^ω^)「なんなりと。でも、私にお力になれますかお?」(えー面倒くさい)

( ・∀ミ)「ええ。騎士として決闘の立会人をお願いいたします」

( ^ω^)「決闘?まさかモララー殿が試合いでもなさるのですかお?」

( ・∀ミ)「ええ、ハインド・スタンという男をご存知ですか?」

( ^ω^)「帝都で昔、騎士の武芸師範していた男ですおね?」

( ^ω^)「裏切り者で、賞金も黄金虫50匹は下らないとか」

( ・∀ミ)「そうです。ソイツが相手です」
( ・∀・)


13 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:48:35.03 ID:KzSSc8BFO
(;^ω^)「なんと!ならば立会人は是非とも私にやらせて下さいお!」

( ・∀ミ)「はい」

( ・∀ミ)「騎士の立会で正々堂々と試合をし、ハインドを捕らえる」

( ・∀ミ)「ハインドの身柄を帝都からの本隊の方に突きだし、落成式に花を添えます」

( ^ω^)「素晴らしいですお。そしてその自信は、なお素晴らしいですおね」(ケッ。ハインドに殺られちまえ青二才が)

( ・∀ミ)「いやいや、大したことではありませんよ」

( ^ω^)「して、日時と場所は?」

( ・∀ミ)「今日、ここで。間もなく来るはずです」


14 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 08:57:08.28 ID:KzSSc8BFO
(;^ω^)「今日!?」

( ・∀ミ)「ええ、ブーン殿には実にいいタイミングでこちらに来て頂けた。ということです」

( ・∀ミ)「長旅でお疲れでしょうが頼みます。せめてハインドが来るまでお休みを」

( ^ω^)「わかりましたお」

( ・∀ミ)「後程、些少ながらお土産を」

( ^ω^)「かたじけないですお」

( ・∀ミ)「ハインドは、卑怯な手を好んで使う男なので」

( ・∀ミ)「正々堂々と戦う土俵に上げるためにも、立会人が欲しかった所なのです」


15 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 09:13:17.27 ID:KzSSc8BFO
ブーンに個室があてがわれ
ベッドにどっかり座り込み
吹吹ブーンは思案中

( ^ω^)(卑怯な手……かお。スカーピンの野郎を思い出すおな)

( ^ω^)(しかしモララーめ、なかなか賢しい奴だお)

( ^ω^)(俺に立会人をさせ、卑怯な手を封じ、勝ったら俺の口から喧伝させる……って寸法かお)

( ^ω^)(痩せ包丁のやり口そのままじゃねえかお)

( ^ω^)「俺が言えたことじゃねえがお。フヒヒ」

( ^ω^)(……)

( ^ω^)(しかし気になるお。汚い手を使う男……どんな奴なのか)

( ^ω^)(結果はどうでもいいがお……てか、モララー氏ねって感じ?)

( ^ω^)(モララー殿の敵!とか言って、俺がハインドとやらを倒す)

( ^ω^)v(大出世間違いなし!チェキ)


16 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 09:20:07.57 ID:KzSSc8BFO
吹吹ブーンもいまだなお
性根はクズの痩せ包丁

あいやよくよく見たならば
アッシのやってるこの話
ID語るはkzのSS
気づいてビックリ玉手箱
……でござんす



次へ 戻る 上へ