■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)只海月、月海に漂い、彷徨うさまです
36 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 12:10:42.45 ID:KzSSc8BFO
そして来るは決戦の
戦場備えのフル装備
右に短槍左に鉤手甲
纏いし銀の板金鎧
銀将モララーのしのしと
現れましてスカーピン
ギラギラ光る鋼の槍で
田楽刺しにせんとします

(#・∀ミ)「ハインド・スタン!今日ここで、貴様は地に墜ちる!」


  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「どうかな?」

対して猫耳黒ローブ
右手にショボ公譲りの剣を
構えて悠然スカーピン
旗差し物を大地に立てて
左手は腰にふんぞりかえる

風でたなびく猫の旗
デフォルメウインク猫の旗

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「ぼちぼち始めるかい?」

(#・∀ミ)「いいとも。念仏は唱えたか?」

( ^ω^)「スカンピン野郎が念仏唱えても、天罰しか下りねえと思うお」


37 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 12:16:12.89 ID:KzSSc8BFO
  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「キシシ……ちげえねえやな」

(#・∀ミ)「下らぬおしゃべりはそこまでだ!」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「そうかい。では……」

(#・∀ミ)「いざ尋常に……!」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「勝負!」(#・∀ミ)

( ^ω^)「始めッ!」


38 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 12:26:43.78 ID:KzSSc8BFO
始まる最後の決闘に
勝負つけねばこの話
終わらぬからはなんとして
ただひたすらに書きつらね……でござんす

銀将モララーゆっくりと
足場確かめ探りつつ
香車の構えに移ります

( ・∀ミ)(足場は雨でぬかるんでいる……槍での突進は出来るだけ使わぬ方がいいな)

( ・∀ミ)(天気はハインドに味方したか)


対する我らがスカーピン

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「……」

ぼーっと突っ立ち、構えはとらず
左手腰に当てたまま
ふんぞりかえって居丈高


39 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 12:36:26.12 ID:KzSSc8BFO
  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「どうした?今日は正々堂々と戦うぜ?」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「テキーラのおかわりをご馳走してやれなくて残念だがな?」

(#・∀ミ)「黙れ!」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「黙るなぁ俺の戦いかたじゃねえ。口から飛び出すびっくりメカ……ってな」

(#・∀ミ)「舌を抜いて干して、犬に喰わせてやる!」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「モララーちゃんぺろぺろーん」

( ^ω^)(無構え……そういう構えなのかお?それとも?)


40 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 12:45:59.43 ID:KzSSc8BFO
ジリジリジリジリ間合い詰め
槍の間合いを作りたる
さすがは銀将モララーも
騎士たる力は充分で

(#・∀ミ)「槍間合いを取った!何もさせんぞハインド」

( ^ω^)(スカンピンめ……なにチンタラしてるお)

(#・∀ミ)「田楽刺しにしてやるよおおお!クラゲ野郎があああああ!」

気をはき繰り出す連撃の
槍はあたかも五月雨で
三叉時雨か野の雨か

……ん?ちょっとまってくんなまし
いつかもこんな事あった?


41 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 12:56:57.07 ID:KzSSc8BFO
連撃繰り出すモララーに
ニヤリにやけたスカーピン

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「遠間からの連撃はな……おめえさんより上手の奴がいてよ?」

( ^ω^)(……)

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「命掛けで学ばされた結果」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「弾く位なら、朝飯前よ……!」

キン!ギイン!キン!チィン!

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「ほらほらもっと寄って来い。当たりゃしねえぞ?」

遠槍弾きの凄技は
かつてはブーンと争って
「開眼」したる防御技


42 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:08:52.83 ID:KzSSc8BFO
( ^ω^)(あのときの防御を見事に技に昇華したのかお……)

( ^ω^)(だが、今スカーピンが使っているのは頑丈無比な騙すカス公の剣ではない)

( ^ω^)(接戦する頃には、刃がボロボロになるおな)

(#・∀ミ)「貴様の剣をなまくらにしてしまえば!こちらの勝ちだ!」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ)「遠間は槍、接近戦では左の鉤手甲か」

(#・∀ミ)「香車の構えと頑健な鎧に、弱点はないいいいい!」

キン!キン!ギイン!
執拗苛烈な槍の雨
次第に刃こぼれ増えてゆく
ショボ公ゆずりの安長剣


43 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:18:46.79 ID:KzSSc8BFO
( ^ω^)(じきにただの鉄の棒になるおな)

(;^ω^)(そう言えば、騙すカス公の剣はどこに置き忘れてきたお?)

( ^ω^)(さっき間違いなく貸したのに……厩に忘れてきたかお?)

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ;)「く……防ぐのはいいが、ボロボロの剣で板金鎧に刃が立つのかね」

(#・∀ミ)「立つわけ無かろう!皇帝陛下から賜った、騎士の鎧だよ!」

(#・∀ミ)「ハハハ!私の槍と貴様の槍は使えなくなろうが!」

(#・∀ミ)「この鉤手甲で!貴様の単眼!えぐり抜いてやるまでさ!」


44 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:29:58.14 ID:KzSSc8BFO
(#・∀ミ)「そしてええええ!」

(#・∀ミ)「私とて技がああああああるるるるぁ!」

お互い獲物がボロボロに
なったと見切った銀将モララー

雄叫びあげつつ繰り出すは
香車構えにゃない技の

(#・∀ミ)「香車転世!栄え金!」

散々ばらばら突きながら
シッカリ足場を踏み固め
突進するに充分な
下地を作った巧者のモララー
やおら短槍投げつけて
くるりするりと前転で
スカーピンのがら空きの
懐強襲、鉤手甲。でござんす


45 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:37:07.09 ID:uwfSI9ZG0
また見つけた 
今から読む 
最終回支援


46 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:38:03.29 ID:KzSSc8BFO
  Λ_Λ
 ( ∀゚キ;)「うっ!?」

反射的には動けても
時には反射が仇をなす
投げつけられた銀の槍
ついつい構ってスカーピン
防ぐ動きで守るべき
うっかりすっかり腹晒す

( ^ω^)(……阿呆が!)

(#・∀ミ)「死いいいネエエエエエ!」

腹に延びたる鉤手甲
最早防ぐは間に合わず
ここらでおサラバさようなら
きっと地獄でまた逢おう

明日は野晒しスカンピン……でござんすね


47 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:44:50.22 ID:KzSSc8BFO
  Λ_Λ
 ( ∀ キ;)「……」

(;^ω^)「……」

(;・∀ミ)「……」


…………………

信じられない事はある
いろんな運命、定めに従い
死ぬべき時には人は死ぬ


信じられない事はある
いろんな運命、定めを超えて
死ぬべき時にも、愛はある


48 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:52:57.42 ID:KzSSc8BFO
何が起きたかお話を
してはしまえばしまえばこんな事

腹に挿したる小刀は
いつぞや嫁に手渡した
「黄金丸」てぇちんけな代物

妻たるトソンの形見品
腹に忍ばす思い品

スカーピンすらその小刀
決闘中ゆえ気に止めず……
銀将モララー鉤手甲
必殺必死のえぐり技
止めて折れたる、黄金丸……という訳でござんす


49 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:57:42.70 ID:uwfSI9ZG0
スレタイ前回の最終回と変えてる 
支援


50 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 13:59:19.59 ID:KzSSc8BFO
(;^ω^)「黄金丸……か!」

(;・∀ミ)「なん……だとおおおお!」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「……」

(#・∀ミ)「おのれええ!なんたる悪運!そんな小刀でえええええ!」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「キシシ……悪運?」

( ^ω^)(……)

(#・∀ミ)「だが小刀は折れた!次はない!」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「聞こえた……よ?」


51 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:05:00.34 ID:KzSSc8BFO
  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「……聞こえたぜ?」

( ^ω^)「……なにが聞こえたお?」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「キシシ……さすがは痩せ包丁の嫁だぁ……」

( ^ω^)「……」

(#・∀ミ)「なにをごちゃごちゃと!改めて死ねえええ!」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「おめえさんらには、聞こえなかったろうな?」

( ^ω^)「……ああ」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「」


52 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:07:31.68 ID:KzSSc8BFO
(^ー^トソン「……支えます。妻ですもの」


53 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:13:00.89 ID:KzSSc8BFO
  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「だとよ……キシシ」

( ^ω^)「……そうかお」

  Λ_Λ
 ( ∀;キ)「バッキャロウ……って感じだよなァ……」

( ^ω^)「……」

  Λ_Λ
 ( ∀;キ)「死んでまで、支えなくても良いだろうがよ……」

( ^ω^)「……」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ)「俺みてえな……俺みてえなもんをよ……」


55 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:22:57.29 ID:KzSSc8BFO
(;^ω^)「!」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ#)「モララーさんよ……」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ#)「適当にやる積もりだったが、本気で殺る事にしたぜ」

(;・∀ミ)「この期に及んでハッタリか!」

(#・∀ミ)「既に貴様の剣はボロボロ!私の鎧には傷もつけられん!」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ#)「そうかい?本気の俺は怖いぜ?」

  Λ_Λ
 ( ∀゚キ#)「トソンちゃんの形見の品、駄目にしてくれた礼に、見せてやるぜえ!」

  Λ_Λ
 ( ∀ キ#)「試すかい?俺とおめえさんの知恵を!」


56 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:31:55.24 ID:KzSSc8BFO
バサリと脱いだる黒ローブ
背中に担いだ異形の長剣
ソイツが名刀ダマスカス
通称、「騙すカス公の剣」でござんす

( ^ω^)(やはりローブの下に隠していたかお……)

( ∀゚キ)「誰が呼んだか知らねえが」

( ∀゚キ)「痩せ包丁の賞金稼ぎ……」

( ∀゚キ)「稼いだ賞金天の星!」

( ∀゚キ#)「痩せ包丁のスカーピンたぁ、俺様の事だ!」


57 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:41:28.02 ID:KzSSc8BFO
( ∀゚キ#)「死にたくなけりゃ、回れ右しろい!」

(;・∀ミ)「剣を隠していたのか!」

( ∀゚キ)「コイツまで使ったら、シャレにならねえからな」

( ∀゚キ#)「だが仕方ねえ……頭に来ちまったからよ」

( ^ω^)「一応言う。モララー殿……」

(#・∀ミ)「なんだ!」

( ^ω^)「モララー殿に……降伏を勧めるお」

(#・∀ミ)「剣があったとて、私の勝ちはゆるがん!」

( ^ω^)「そうかお」


58 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:46:42.54 ID:KzSSc8BFO
( ^ω^)「だそうだお。スカンピン」

( ∀゚キ#)「へへッ……そりゃあ救えねえやな。なら遠慮なく……」

( ^ω^)「おう……殺っちまえ、スカンピン」

( ∀゚キ#)「……承知。」

(#・∀ミ)「舐めた口おおおお!」


59 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2011/10/26(水) 14:51:12.10 ID:KzSSc8BFO
( ∀-キ)「七つ星……」

( ∀゚キ)カッ「……北斗!」



( ^ω^)(スカーピンの技、見たり!!)



次へ 戻る 上へ