■戻る■ 下へ
( ∀゚キ)ただ漂う……です
1 名前: ◆I7nIJ7EFj6 [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:20:26.87 ID:de+APIa5O
チョチョーン!

日陰にふらふら蜉蝣トンボ
痩せた包丁スカーピン

( ∀゚キ)「……」

毎度毎度の流れのさすらい
世間の掟に背を向けて
自由に振る舞い生きる様……なんてぇ

聞こえはいいがその実は
いつもいつでもただのフーテン
歩みは重く財布は軽く

ずるずる引きずる人切り包丁

アイツは浮世の鼻つまみ……でござんす

( ∀゚キ;)「ああ……腹減ったなぁ」


2 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:22:03.83 ID:de+APIa5O
( ∀゚キ)「博奕海月」


3 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:22:16.37 ID:sAHCOH9E0
\待ってました/


4 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:23:32.41 ID:de+APIa5O
( ∀-キ;)「チクショウめ……」

( ∀゚キ;)「賞金稼ぎの仕事がこうもシケてんじゃあ」

( ∀゚キ;)「俺ぁじきに野垂れ死にだぁな……」

この男
腕はそこそこ立つけれど
いつも稼ぎはカラッケツ
賞金稼ぎのさすらい戦士

誰が呼んだか名付けたか
情け無用の外道の男

「痩せ包丁のスカーピン」と申します

ギョロつく単眼顔に傷
痩せた体躯に血の匂い

イケメンながらもその容貌
魁偉の印象振り撒きゃあ
口のさがない者共は

「痩せ包丁のスカンピン」
なんて呼んでおるようでござんすがねぇ……


5 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:25:11.04 ID:de+APIa5O
( ∀-キ)「懐にゃあ、あと銅銭4枚っきりかい……」

( ∀゚キ;)「早い所稼ぎにありつかねえと……な」

さりとてはぐれの痩せ包丁
そんなにしょっちゅう美味しい話に
出くわす訳もありゃしません
仕事探してさまよって
空しく鳴かせる腹の虫

やむなくふらふら立ち寄った
屋台の暖簾をくぐっては


6 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:30:06.89 ID:de+APIa5O
( ∀-キ;)「おう親父……とりあえず酒と飯……一等安いので頼むぜ」

(屋'e')「へい。らっしゃい痩せ包丁さん」

(屋'e')「なんぞ不景気な面してやすねぇ。一杯やって元気出してくだせえよ?」

( ∀゚キ)「元気出せってかぃ……なら初手の一杯は奢れよな?」

(屋'e')「カッカッカ!そうは問屋が卸しやせんがね」

( ∀-キ)「キシシ……ったくキビシイねぇ」


8 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:32:55.19 ID:de+APIa5O
安酒チビチビ始めたる
無情漂うその背中
猫背で胃袋押し潰し
塩をオカズに麦飯を
モソモソモソモソ噛み潰す
ほんの小さなツキがあり
ポッケの奥から銅銭コロリ
それでも合わせてたったの5枚
なんにも変わらぬど貧乏
痩せた包丁、スカンピン

( ∀-キ)ハァ(全く、大の大人が麦飯一杯で足りるかってんだよ……)


おや?
どうやら屋台にお客様が来たようでやすよ……?


9 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:37:33.34 ID:de+APIa5O
爪*'ー`)y‐「よー!屋台の親父さん!」

(屋'e')「らっしゃい!火狐の!久しぶりでやんすね!」

爪'ー`)y‐「最高級の飯と酒!ジャンジャン頼むぜ!」

(屋'e')「こりゃまたまた、景気が良さそうでやんすな」

爪*'ー`)y‐ 「ちょっとサイコロでツキまくってな!」

( ∀゚キ;)イラッ(ちっ……)

爪'ー`)y‐「おやぁ?兄さん。もしかして痩せ包丁のスカーピンさんじゃねえですかい?」

( ∀゚キ)「そうだが?何か用かい?」

爪'ー`)y‐「おお!やっぱりだ!」

( ∀゚キ)「サインならお断りだぜ?」

爪'ー`)y‐「俺はあんたと1つ勝負してみたかったんだ」


10 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:40:09.76 ID:de+APIa5O
( ∀-キ)「ああ、なんでぇ……あんたも俺の首を狙ってる痩せ包丁か」

( ∀゚キ)「俺が食い終わったら相手してやらあ。ちょっとだけ待ちなよ」

爪'ー`)y‐「いや、そっちの勝負じゃねえ。ちょっと俺と博奕で勝負してみねえか?」

( ∀゚キ)「博奕ね。俺ぁ後銅銭5枚しかねえぜ?」

爪'ー`)y‐「いいさ。それで」

( ∀゚キ)ニヤリ「じゃあ、おネタは俺の振り出しでいいかい?」

爪'ー`)y‐「いいとも。俺がふっかけた博奕だからな」

爪'ー`)y‐「有名な痩せ包丁、スカーピンの兄さんの振り出しなんて、楽しみだぜ」


11 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:43:58.19 ID:de+APIa5O
博奕の世界の長田マリ
振り出し決めるは受け手側

痩せ包丁のスカーピン
音に聞こえた無頼の輩
博奕の類いもお達者と
巷にゃ噂が流れていやす

爪'ー`)y‐「俺が負けてもせいぜい銅銭5枚の小博奕なら」

爪'ー`)y‐「笑って済ませる額だしな」

( ∀゚キ;)チッ(こちとらそれが全財産だよ……)


12 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:48:01.27 ID:de+APIa5O
(屋'e')「おお!博奕勝負でやすか!ならアッシに立会人をやらせてくだせえ」

爪'ー`)y‐「おお。頼むぜ」

(屋'e')「切ったはったの勝負は見るのもごめんだが、博奕は大好物でやすからね!」

(屋'e')ワクワク「火狐フォックスと痩せ包丁のスカーピン……こりゃいい博奕勝負の立会ができそうでやす!!」

( ∀゚キ)「火狐フォックス?……博徒さんかい」

爪'ー`)y‐「そうさ。よろしくお見知りおきを。スカーピンの兄さん」

( ∀゚キ)「吠え面かかせてやらあな」

爪'ー`)y‐「ハハハ!そんな気張る額じゃねえぜ兄さん?」

爪'ー`)y‐「ガキの小遣いじゃねえか」

( ∀゚キ#)チッ


13 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:51:15.93 ID:de+APIa5O
かたや振り出し胴元の
痩せた包丁スカンピン
雀の涙の全財産は
子供の小遣い銅銭5枚と
シケにシケてる波乱の勝負
泥船浮かべて強がって
明日は藻屑か海の底……でござんす

( ∀゚キ;)(情けねぇ……が、こちとらその小遣い銭に必死なんだよ)

( ∀゚キ*)(キシシ……ちょいと生意気なその鼻を、叩き折らせて貰うぜ)

爪'ー`)y‐「振り出しはスカーピン兄さんだ。さあ、どんな勝負だい?」

博奕の受け手は勝負の振り出し
ネタを決める権利がありやす

( ∀-キ)「そうさな……」

悩んだ振りの痩せ包丁

イカサマ博奕も十八番の外道

( ∀゚キ)ニヤリ「よし、『ニギリ』で行こうぜ?」


14 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:53:41.16 ID:de+APIa5O
爪'ー`)y‐「『ニギリ』?どんな博奕だい?」

チャラо( ∀゚キ)「簡単さ。俺がこうして何枚かの銅銭をあんたにわからぬように握る」

о( ∀゚キ)「あんたは俺が握った銅銭の枚数が、丁か半かを当てる」

爪'ー`)y‐「枚数ぴたりじゃなく、丁半を当てりゃいいのかい?」

チャラо( ∀゚キ)「そうさ。当たれば握ってた銭を全部くれてやる」

о( ∀゚キ)「ハズレなら、俺が握ってたのと同じ額を兄さんから頂戴する」


15 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:56:13.91 ID:de+APIa5O
(屋'e')「こりゃまたシンプルで分かりやすい博奕でやすね?」

爪'ー`)y‐「うん、なるほどねぇ」

爪*'ー`)y‐「いいぜ?気に入った!受けよう」

チャラチャラо( ∀゚キ)「この音で判る通り、俺は少なくとも二枚以上の銅銭をニギリ込んでる」

爪'ー`)y‐「ふむ……」

о( ∀゚キ)「首尾よく当ててみな?火狐フォックスさんよ……キシシ」


16 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 00:59:04.22 ID:de+APIa5O
ルールは単純『ニギリ』の博奕
理屈が分かれば皆さんも
今すぐだって勝負ができやす

握り込んだる数枚の
コインの丁半当てるだけ

ただし、博奕は皆さんの
世界じゃご法度ですならば

そのケツ必ずご自身で
拭きますようにお願いしやすよ……

ギュッо( ∀゚キ)「さあフォックスさんよ!張った張った!丁か半か!」

爪'ー`)y‐「ふうむ。ちょいと閃いたんでね……少しだけ時間を貰うぜ?」

о( ∀゚キ)「いいぜ。よく考えな?」

о( ∀゚キ)「試すかぃ?俺とおめえさんの知恵を……ってな?キシシ……」


17 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 01:02:38.13 ID:K9K1JJ340
\見栄っぱり/


18 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 01:02:56.82 ID:de+APIa5O
爪'ー`)y‐(スカーピン兄さんは、総額5枚の銅銭を持っている)

爪'ー`)y‐(全て握り込んでも、多すぎて手から溢れることもない。か)

チャラチャラо( ∀゚キ)「キシシ…」

爪'ー`)y‐(ヒントはほんの少しだけある。っちゃああるな)

爪'ー`)y‐(スカーピン兄さんの飲み食いの代金は、まだ払ってねえようだ)

爪'ー`)y‐(兄さんの払いは……銅銭1枚ってところか)

爪'ー`)y‐(払いはこの勝負に関係ねえから、兄さんが負けた時のために1枚はとっておいてあるとして)

爪'ー`)y‐(つまり、2枚以上が確定で4枚以下の可能性が高いかな?)


19 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 01:04:56.32 ID:de+APIa5O
爪'ー`)y‐「屋台の親父さんよ?もし俺が勝ったら」

(屋'e')「へい?」

爪'ー`)y‐「ご祝儀として、あんたに銅銭1枚やるぜ!」

(屋'e')「へえ!そりゃいいや。ありがとうござんす」

爪'ー`)y‐「ただし『俺が勝ったら』だぜ?」


20 名前:VIPがお送りします [] 投稿日:2012/09/04(火) 01:06:37.82 ID:de+APIa5O
チャラо( ∀゚キ)(キシシ……なにやら考えてやがるようだが……さてねぇ?)

爪'ー`)y‐「もう一度約束するぜ?」

爪'ー`)y‐「俺が『勝ったら』親父さんにご祝儀をやる……」

(屋'e')(クク……なるほど……分かりやしたよ)

(屋'e')(流石は火狐フォックスの旦那だ。化かすのが巧いぜ)

爪'ー`)y‐「さあて、それじゃそろそろ勝負と行こうか?」

о( ∀゚キ)「おおいいぜ?さぁさぁ!張った張った!」



次へ 戻る 上へ