戻る 


【病的】怖い話スレ【猟奇的】
108 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 03:55:35.69 ID:bTHNMgQDO
皆は狐につままれた経験有る?

109 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 03:55:37.39 ID:xWvelurR0
>>105
|A`) どうもね

>>106
|A`) ガチだとしたらそこに行って俺を置き去りにしてほしい

110 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 03:56:31.83 ID:x5CROoNoO
毒男キタ━━(゚∀゚)━━!!

111 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 03:59:20.53 ID:xWvelurR0
>>108
|A`) ある
    ある日夜中に起きた
    時計を見ると深夜4時だった
    まだあわてるような時間じゃない、と思って寝た
    そして起きるとまだ真っ暗
    時計を見ると深夜3時
    わけわからん
    そんなことがあった数日後、また夜中に起きた
    今度は眠気をばっちり覚ましてしっかりと時計を確認すると4時
    そして寝て起きたらやはり真っ暗
    時計を確認すると3時だった


112 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:01:20.55 ID:xWvelurR0
私の金縛り体験は中ニの秋に始まって、
20代前半まで続き、その後プツリとなくなりました。

当時、私は金縛りという言葉を知らず「眠りに落ちる瞬間」と呼んでいました。
耳の中でラップ音が鳴り響き、背中から真っ暗な奈落の底へ引きずられるような感触。
言い知れない嫌悪感があり、さて、どうするか?
疲れているときは「ままよ、寝てしまえ」ですが、
嫌悪感がひどいときは「起きるぞ」と念じ続けると2・3秒で目が覚めます。
慣れてしまえば、さほど恐怖感はありません。
お経を唱えなくとも。
したがって、金縛りの多くは、肉体の疲労と精神の覚醒のなせるものだと思っています。
ごく一部を除いては・・・

私にとって、記念すべき初体験となった中ニの金縛りはちょっと違うのです。
その頃、私は、性格の合わない父との結婚生活に終止符を打って家を飛び出した母とともに、
海辺の家に住んでいました。
ウナギの寝床のような細長い家で、裏手は崖。
その向こうに日本海が広がり、家の正面は公園という淋しいロケーションでした。

柔道部に所属していた私は、毎日の練習の疲れからか、
その日早めにベッドで休んでいました。

113 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:01:46.04 ID:xWvelurR0
どれぐらい眠ったのか。
ふと目が覚めると、真っ暗闇の中に女性の頭部と思しきものがあります。

怖くなって母を呼べども声は出ず、身体は動かず、もがいているうちに
ふっと身体が自由になり、ガバッっと上体を起こすと、滝のような汗が布団の上にしたたり落ちました。
時計を見ると午後10時を少し回ったところ。
幽霊がこんな早くに出るはずはない。
霊が出現するのは、草木も眠る丑三つ時、と相場が決まっていましたから。
悪夢だったのだと自分に言い聞かせて、そのことは母にも伝えませんでした。

それが、その週の月曜日のこと。
同じ週の木曜日にまた同じベッドで金縛りにあいました。
まったく同じ状況。
ひとつだけ違っていたのは、女性の頭部が半分だけ振り返り、
私をじっと見ていたのです。
悲しそうな目でした。

さすがにやばいと思いました。
理由はないのですが、あの顔を正面から見てはならないと、漠然と感じていました。
そのことを話すと、そういう迷信じみたことを全く信じない母が、
真顔で「しばらく、部屋を換えてみたら」と言ってくれました。

114 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:02:06.28 ID:xWvelurR0
何年か経ってそのときの話になり、
母に「どうして信じてくれたのか」と問いただすと、
ある事件のことを話してくれました。
それによると、近所に住んでいた母の従兄弟の奥さんが、
従兄弟との結婚に悩んで大量の睡眠薬を服用。
夜中に夢遊病者のように付近をさまよって、
我が家の前の公園で冷たくなっていたとの由。
私がまだ幼少の頃のことです。

さて、このときの金縛りが、他とどう違うのか?
まず、他の金縛りは寝入りばなですが、これは寝起きです。
それから、金縛りの最中に何かを見たのは、これが最初で最後です。
そしてもうひとつ、私はこれ以外に幽霊の夢を一度も見たことがないのです。


115 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:04:29.78 ID:x5CROoNoO
狐につままれた体験談kwsk

116 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:06:54.34 ID:AMJMIAfwO
トンネルの雨の話と、
自殺の名所をビデオ撮影したら幽霊が崖から落ちて登ってを繰り返してた話
が今までで1番恐かったな。誰か張ってくれないか。

117 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:08:25.35 ID:bTHNMgQDO
>>111
家で怪現象起きたのか(´・ω・`)テラコワ




以下チラ裏


当時中学生だった漏れは極度の方向オンチ。
その日は宗教で言う会合みたいなのに参加する為、夜中に出てったんだ。
行きは30分ぐらい。普通に到着出来たんだけど
帰りに何を思ったか見知らぬ道を通ってたんだ。
気が付くと周りは畑ばっか(´・ω・`)
偶然人がいたから道を訪ねると家とは真逆に2〜3時間の地点にいた。(略

118 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:14:40.22 ID:xWvelurR0
>>117
|A`) 考えてから移動しろよww

119 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:16:11.56 ID:oxjrcGgp0
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''   ヽ
|  /   | (●),   、(●)   |
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |
| |   |    `-=ニ=- '      |  
| |   !     `ニニ´      .!      天狗じゃ、天狗の仕業じゃ!
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ

120 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:17:31.64 ID:bTHNMgQDO
で、地元の方向だけ聞いてひたすら直進。
10分?ぐらい(自転車で)進んでまた気が付いた事が。


今考えたら有り得ないんだけど、見渡す限り墓地ばっか。
道も変に上りと下りが10〜20秒ごとに交互にずっと続いてた。
上りは普通なんだけど下りの時に妙にペダルが重かったのを覚えてる。

その時の漏れは早く帰らないとって気持ちだけで濃いでたんだ。
何時間経ったか分からなかったぐらい進んでようやく地元周辺に到着、一安心して時間を見ると会合場所を出発してからまだ1時間しか経ってなかった。

121 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:21:02.86 ID:bTHNMgQDO
まぁ、以上なんだけど。

でもあれ以来通った道を探しても見つからないんだよね。
墓地が辺り一面に広がってるなんてのは有り得ないんだけど、じゃああの時通った道は何だったのかって思うと…(#゚Д゚) プンスコ!

122 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:24:52.01 ID:xWvelurR0
>>121
|A`) これはいい体験
    どこか行きたくなってきた

123 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:30:16.99 ID:bTHNMgQDO
読みづらくてスンマン。


まだ不可思議なのはあるんですけどね(^ω^)


124 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:32:09.82 ID:xWvelurR0
>>116
|A`) トンネルの話しか見つからなかった


83 名前:過去ログからのコピペです 投稿日:2000/08/04(金) 08:16
その晩は雨が強く降っていた。
現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。
その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。
「恐い場所だ」という先行イメージのせいもあるだろうが。

しばらく休憩の後、ゆっくりと車を進めトンネルに進入開始。こういう体験は
始めてなので、ワクワクするような妙な高揚感を感じる。友人達も
いい年して遊園地の乗り物を前にした子供のような表情で目を輝かせていた。

それほど寂れた場所ではないとは思うのだが、後続の車は来なかった。
なので、スピードをかなり落として進んだ。何かが起こる事を期待しながら。

かし、特に何もおこらずトンネルの終端まで着いてしまった。
トンネルの壁などを観察していた友人たちも、別に妙なモノを見たわけではなさそうだ。
もう1度いってみよう、と提案が出て、皆賛成した。車をトンネルの端でUターンさせた。

今度も、何も起こらなかった。不満なので(と言うか、暇なので)
何度が往復してみよう、という事になった。
雨が強くなってきたのか、雨粒が車を叩く音がうるさくなってきた。
  3,4往復ほどしただろうか、友人の1人が、「おい、もう帰ろう」と言い出した。

125 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:32:43.29 ID:xWvelurR0
84 名前:過去ログからのコピペです 投稿日:2000/08/04(金) 08:16
何も変わった事も起こらず、飽きてきたのだろう、と思った。
だが、何か声の調子がおかしかった。トンネルの出口が見えるあたりで
一旦車を止め、後ろを振り向いた。
帰ろう、と言い出した友人は肩を縮め、寒さに震えるような格好をしている。
もう1人は、その様子を見てキョトンとしている。
「え、どうした?何か見えたのか?」と聞いたが、
「いいから、とにかくここを出よう」と言う。”何か”を見たのか?期待と不安で
動悸が激しくなってきた。雨は一層酷くなり、ボンネットを叩く音が耳ざわりに感じる。

126 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:33:03.01 ID:xWvelurR0
とにかく、一旦ここを出て、どこか落ち着ける場所を探す事にした。

国道沿いのファミレスに寄り、ようやく一息ついた。
夏も近い季節だというのに凍えるように震えていた友人も、ようやく
落ち着いてきたようだ。
「なぁ、もう大丈夫だろ?何を見たんだよ」
「聞こえなかったのか?あれが」友人は怪訝そうな顔で僕達を見た。

妙な怪音の類か?それとも声?しかし、僕には心当たりはなかった。
もう1人の友人も、何が何やら、といった表情をしている。
「別になにも・・・まぁ、運転してたし、雨もうるさかったしなぁ。」
「聞こえてたじゃんか!」いきなり声を張り上げられて、驚いた。
深夜なのでファミレスにはほとんど人はいなかったが、バイトの店員が
目を丸くしてこちらを振り向いた。
しかし、彼がなにを言っているのか理解できない。
「何が聞こえてたって?はっきり言ってよ」
気恥ずかしさと苛立ちもあって、少し強い口調で言ってしまった。

しばらく重い沈黙が続いたあと、彼が口を開いた。

「雨だよ、雨の音。」
「俺達はずっとトンネルの中に居ただろ!なんで雨が車に当たるんだよ!」


127 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:34:37.22 ID:oxjrcGgp0
>>123
もっと!

128 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:43:18.38 ID:xWvelurR0
○○の小学生殺傷事件を憶えてますか?
私の聞いた話です。

同じ職場の方のお子さまが今年の3月まで○○に通ってました。
殺傷事件の前触れはその3月から始まってました。

3月の卒業式の予行演習のことです。
卒業生が体育館に集合したあと、
ざわざわし始めました。
その子はわからなかったのですが、
友達に聞くと「小さい子が見に来てた」と言うんです。
「どこに居たの?」
「天井とか壇上に昇る階段の途中に」
何人かの友達が同じ事を言ってたそうです。

そして、卒業式当日。
卒業生が集まった後、またざわざわし始めました。

「また、来たよ」

聞くと一人は体操服を着た男の子で白ではなく真っ赤な体操着。
ゼッケンは緑。
○○の1年生のぜっけんは緑だそうです。

129 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 04:43:34.08 ID:xWvelurR0
後の7人は制服を着た女の子で全部で8人だったそうです。
その話を3月の時点で聞いていました。
そして、事件がありました。

その子は中等部に上がっていたので、被害はなかったそうですが、
事件当日はやはり大変だったそうです。

一緒に通っていた2年生の女の子も殺されてしまったようです。
お父さんは聞きました。
「まだ、死ぬんかな?」
娘は「卒業式の日に出たのは8人だったからもう、死なない」

今、思うと卒業できなかった子供達が卒業式を見に来てたんだろうね。
と話てますが、悲しい事件でした。


130 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:44:14.33 ID:AMJMIAfwO
>>124
サンクス。これいつ見ても寒気がするんだよな。

131 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:44:28.00 ID:bTHNMgQDO
迷走ネタで申し訳ないが。


六甲山登った時の事。
若い時って恐いもんなしだったよ。
山に入るや否や猪追いかけて笑ってたもの((´ω`))ォーン♪
登山者:10数名
2〜3人でどんどん進んでったよ、帰り道知らんのに。


散々追いかけて、頂上?着いて、景色が最高で……色合いが変でした。
朝なのに夕日が(;´Д`)
でも疲労と頂上着いた感動の方が大きかったから度外視してた。

132 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:46:07.61 ID:WVaJkgtEO
このスレをニヤニヤしながら読んでる俺は異常

133 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:46:53.23 ID:bTHNMgQDO
登山って結構体力使うのな(´・ω・`)
皆が来るまで先に弁当を食べて待つ事に。







特大猪に囲まれてるとは露知らず意気揚々とご飯タイムな漏れ逹。

134 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:48:46.51 ID:+M2hyHRFO
今北
がんばって追いつきま

135 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:53:41.18 ID:bTHNMgQDO
ガサッって音と共に時間が止まったよ。

目の前には軽虎をもぅ少し小さくした猪数頭とさっき追いかけたであろう仔猪。
『さっきの報復かな?』
そんな事考えてたら突進してきた





と、咄嗟に体が動き崖道を通り逃亡開始www
日曜なのに人っ子一人いない崖道を転ける事なく疾走、猪も何故か追い付けないw
多分5分ぐらいで山の中間辺りまで下山出来てた。

138 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:01:24.53 ID:bTHNMgQDO
やあ (´・ω・`)

ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。


登った山道とは違う道路に出てた。
クマー注意の看板にガクブルな漏れ逹。
そして道に迷った漏れ逹。
とりあえず進む。


しばらくして友達が山の神様云々言い出した(´ω`)んなアホなwと一蹴
同時に空から何かが降ってきた


鷹っぽぃ鳥。
攻撃されてたよ・゚・(ノД`)・゚・
んでまた逃走


136 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:58:46.92 ID:0uOqA6qt0
格安だったその物件はそこらのアパートを借りるよりよっぽど経済的で
一階の部屋は共同に使い、二階の部屋は寝室としてそれぞれ別に使っていた
Kとは入社以来の付き合いで、それなりに親しい仲だと思っている

ある日Kに彼女ができた
そしてその彼女が私の家、Kの家でもあるのだが、に来ることになったらしい
Kは気にするなとはいっていたが、どう考えても行為に至るだろうと
妙な気まずさを感じて、私はその日は別の友人の家に泊まることにした
その日は金曜日ということもあって、私は夜遅くまで友人と酒を飲んだ

翌日の昼過ぎ、私は目を覚まし家に帰った
Kの車がなく、家はシンと静まり返り誰もいない
二人そろって外出でもしたのかと思い、そのときは気にも止めなかった

夜になってもKは帰ってこなかった
お互い大人ということもあって、深く干渉することもなく
一言、他愛のないメールを送って私は眠りに付いた

しかし翌日になってもKは帰ってこない
電話をかけても繋がらない
次の日は会社がある
Kのことを気にしつつ、私は布団に入った
きっと、明け方までには帰ってくるだろう

137 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 04:59:58.71 ID:0uOqA6qt0
その日の深夜、妙な音で目を覚ます
何かを引きずる音、それが天井から
古い物件であるためネズミでもいるのだろうと
私は無理やり眠りに付いた

次の日、Kは帰っては来なかった
会社にも出勤せず、実家にも携帯にも電話をかけてみたがKの所在は掴めなかった
会社の跡に一通りKのいそうな場所を探し私は家に帰った
やはりKはいない
Kの部屋も覗いてみたが、特に変化はなかった
明日帰ってこなかったら、警察に連絡しよう
そう考えながら、私はまた眠りに付いた

その日の深夜もまた妙な音で目を覚ました
また天井、何かを引きずる音
少々神経質になっているのだろうか?
考えないようにし、また眠った

次の日、やはりKは帰ってこない
Kの両親に連絡を取り、警察に捜索願をだす
私もその日は休暇をもらい、必死になってKを探した

139 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:01:26.95 ID:0uOqA6qt0
結局Kは見つからず、クタクタになって家に帰った
どうしようもない状況に、Kの部屋に入りずっと呆けていた
・・・いつの間にか眠ってしまっていたらしい・・・
そう気づいたのは、ここ最近天井から聞こえる音が今日も聞こえてきたからだった
いつもは自分の部屋で寝ているために気づかなかったが
音は近い・・・引きずる音・・・何かを動かす音・・・何かが落ちる音・・・

部屋の隅には押入れがあり、押入れの天井は外れるようになっていている
まさか・・・ここに・・・
あまりの恐怖に目を瞑り、布団のに包まり、情けなく震えていた
・・・しばらくすると音がやみ、恐怖心も和らいできた
布団から顔を出し、ふと押入れに目をやる

止めておけばよかった

わずかに隙間の開いた押入れからは目
黒く塗りつぶされた空間に浮かぶ白
私は家から飛び出し、友達の家に駆け込んだ

翌日、さらに私は会社を休み、友人に頼み込んで自宅を調べてみることにした
私には勇気がなく、友人に屋根裏部屋を見てもらった
屋根裏部屋には女物のバッグ、靴が置いてあったらしい

誰のものかは想像が付いた
そのとき、私の携帯が鳴った
Kが見つかったらしい

結果としてKは死んでいた
家から遠く離れた林の前
車の中で、死後4日と思われる女の死体と一緒に


140 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:02:41.56 ID:bTHNMgQDO
この話しんどいからまた今度ね(´・ω・`)

141 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:05:25.41 ID:WVaJkgtEO
長すぎる

142 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:06:29.60 ID:oxjrcGgp0
途中でやめるのかw

143 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 05:08:55.79 ID:xWvelurR0
>>139
|A`) 呪怨みたいで鳥肌立つ

>>140
|A`) また今度な

144 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:09:05.45 ID:bTHNMgQDO
ドッペルゲンガー現象が一年近く続いた事もあったり

145 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:10:51.52 ID:T3Dkffmy0
続き書いてよぉぉぉぉぉぉぉぉ

146 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:12:13.30 ID:Q2A6WADB0
ドッペルゲンガーではなくポルターガイストでは?

147 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:17:13.69 ID:oxjrcGgp0
お前さっきあそこにいたのに、なんで今ここにいるんだよ
てやつか

148 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:19:13.00 ID:bTHNMgQDO
ポルターガイスとは無いけど
憑かれやすい体質だと言われた事は少々。


山の神?猪?ジ○リのアレみたいな話だけど。
とにかく怖かったんだ。遭遇するのは全て動物。家は有るけどみんなボロ家(昔の平屋みたぃな)

149 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:27:06.30 ID:bTHNMgQDO
あぁもう止めた(´ω`)産業にまとめるとこうだ。


猪追いかけ
神様の怒り?に触れ
変な世界へご招待


今度、ちゃんと簡略化するぉ(´・ω・`)


【ポルターガイスト】
家に帰って飯食って、部屋戻って勉強してたらしいもう一人の漏れがいるみたい

150 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:28:09.81 ID:bTHNMgQDO
あぁもうgdgdだゎ。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
寝て起きてまた投下するぉ


ノシ

151 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:28:43.48 ID:+M2hyHRFO
追いついた!
30分かかったぜwww

152 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 05:28:49.74 ID:xWvelurR0
>>150
|A`)ノシ

153 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:35:25.12 ID:bTHNMgQDO
部屋の中
部屋の一部の空間が凄く冷たい場所が有るんだけど。
何か分かる人いる?

154 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:36:48.32 ID:QifJ51zqO
俺小2の頃に、風邪をひいて夜寝てたら耳元で『ごめんね−』って女性の声でささやかれたことありました><カーチャンの声に似てました><

155 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 05:37:43.66 ID:xWvelurR0
>>153
|A`) 霊の体に入ってる


156 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 05:40:15.30 ID:xWvelurR0
東海地区の人なら知っていると思う。
かなり有名な心霊スポット。
旧道と新道のあるトンネル。
俺はこの場所には一度だけ行った事がある。
ただならぬものを感じ、以来二度と近付いたことはない。
だから、これは従兄に聞いた話。

従兄は現在27歳。
彼が高校時代に実際に体験した話。
彼はT君といいます。
バイトの明けたある晩、
仲間とバイト先の先輩5人ほどで、
唯一免許のある先輩の1BOX車に乗り合わせ
そのトンネルにきもだめしに出かけたそうです。

到着したのは午前1時を過ぎたころだそうです。

ヘッドライトに旧トンネルの入り口が照らされ
暗闇の中にぼんやりと周囲の景色が見える。
運転手の先輩が何かに気付く。

157 名前:愛のVIP戦士 :2007/02/07(水) 05:40:23.28 ID:bTHNMgQDO
>>155
(;´ω`)マジで?
漏れが寝てる横付近なんだけど…。
恐いじゃないか(´ω`)

158 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 05:40:30.98 ID:xWvelurR0
言われて皆が眼をこらした先に
5〜6歳の男の子が退屈そうに
うつむいて立っていた。

これは全員が目撃しているそうです。

こんな真夜中に、と不信に思った先輩が
車を降りて男の子のところに行こうとしました。
異様な光景にみんな止めたそうです。
にもかかわらず強気な先輩は
皆を尻目に男の子に近付いて行った。

先輩に気付いた男の子は、
顔を上げ嬉しそうに、
「にやっ」っと笑った
ように見えたそうです。

男の子の前にしゃがみこんだ先輩は何か会話をしいたそうです。
それは20〜30秒ぐらいの間・・・

無表情で立ち上がった先輩は差し出した男の子の手を握り
真っ暗なトンネルの中に消えて行ったそうです。

159 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 05:40:46.95 ID:xWvelurR0
手をつないで歩き出す時
男の子が肩越しにこちらを見て
言葉では言えないような
背筋が凍るような笑顔をしていたのを全員が見たそうです。

それ以来、先輩の行方は知れません・・・

このトンネル、新旧含めて、遊び半分で
出かけたために行方知れずになり
今でも捜索願いが出されたままになってる人を何人も知っています。

私は、遊び半分でこの様な「心霊スポット」に
絶対に近付かない事をおすすめします・・・。


160 名前:毒男 ◆B.DOLL/gBI :2007/02/07(水) 05:42:27.61 ID:xWvelurR0
>>157
|A`) それがいい


戻る