■戻る■ 下へ
美女(きーす、きーす、きーす)王子「・・・・・・」
1 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 20:36:10 ID:wEUUT1l.
茨の森、奥深く

王子「むう、なんと綺麗な森だろうか」

パカラッパカラッ ヒイン!

王子「・・・・・・ん? あれ、は」タッタッタ

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「・・・・・・眠っている、のか?」

美女(おお! と、とうとう人が来た!!)

王子「しかし、何故こんなところで」

美女(針が刺さったら眠っちゃったんだようー)

王子「・・・・・・美しい」ボソ

美女(えへへーそうでしょう? 100年経ってるけれど身体は15歳だからねー)

王子「噂に聞いたことがある、眠れる美女は、キスで目が覚めると・・・・・・」

美女(お、おおお。・・・・・・まさか?)


2 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 20:36:56 ID:wEUUT1l.
王子「・・・・・・いざ」ゴクリ

美女(きゃあぁぁ来ちゃうのか! ついに目覚めちゃうのか!!)

王子「・・・・・・」ズイ

美女(きーす、きーす、きーす)

王子「・・・・・・なーんてね」

美女(!?)

王子「ははは、それにしても気持ち良さそうな顔で寝るお方だ。・・・・・・しかし何か羽織らぬと身体に悪い」バサリ

美女(マントいらねえよ!! 私にキスをしろ!!)

王子「・・・・・・うむ。これでよし」ニコ

美女(よくないって!! キス!! キス!!!)

王子「ではいくぞ! 白馬!!」

白馬「ヒイン!!」

パカラッパカラッ

美女(おーい!!)


3 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 20:49:46 ID:wEUUT1l.
翌日、茨の森、奥深く

パカラッパカラッ ヒイン!

王子「・・・・・・気になってまた来てしまった」スタ、スタ

美女「・・・・・・すう、すう」

美女(おお、昨日の人じゃないか!)

王子「・・・・・・む、このマントは・・・・・・まさか、あれからずっと寝ているのか?」

美女(そうだよ、もう百年になるよ)

王子「・・・・・・なんと、まさか・・・・・・」

美女(そう! 眠れる森の美女だ!!)

王子「よく眠るお方だ!!」ニコ

美女(違う!!! そうだけれど違う!!!)

王子「よほど疲れているのだろうな」

美女(いや、もう寝疲れしてるよ)

王子「・・・・・・しかし、それにしても美しいお方だ」

美女(ああ、私は超絶美しいんだ。だからキスを)


4 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/22(水) 20:50:38 ID:VoRAIqOY
おっなんか面白そう


5 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 20:50:47 ID:wEUUT1l.
王子「・・・・・・そうだ、写生しよう」

美女(キスをしろ!!!)

王子「・・・・・・むう」かきかき

美女(・・・・・・おいおい、ほんとに描き始めたよ)

王子「・・・・・・む!」ごしごし

美女(拘らなくていいからキスしなさい)

王子「・・・・・・おお、上手く描けた」ニコ

美女(そりゃあ良かったな! キスをしろ!!)


6 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 20:51:22 ID:wEUUT1l.
王子「・・・・・・そうだ、隣に置いておいてあげよう」スッ

美女(馬鹿みたいだろ!! やめろって!! 恥ずかしい)

王子「・・・・・・自分の隣に自分の絵とは・・・・・・ははは」

美女(だからやめろって!!)

王子「・・・・・・行くぞ、白馬!」

美女(おいおいおい待てよ!!)

白馬「ヒイン!」

パカラッパカラッ

美女(おーい!!!)


7 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 20:58:22 ID:wEUUT1l.
翌日、茨の森、奥深く

パカラッパカラッ ヒイン

王子「今日こそあのお方と知り合いになりたいな」スタ、スタ

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「・・・・・・む、また寝てるようだ」

美女(・・・・・・眠れる森の美女だからな)

王子「・・・・・・はははっ」

美女(・・・・・・な、なによ)

王子「まるで眠れる森の美女じゃないか! ははははっ」ニコ

美女(てめえこの野郎本当にそうなんだよ!!!)

王子「・・・・・・いや、はは・・・・・・くっ、はははは!」

美女(そんなに笑う要素はないだろうに)

王子「ははは、じ、自分の隣に、自分の絵を・・・・・・くはは」

美女(お前が置いたんだよ!!)


8 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:04:53 ID:wEUUT1l.
王子「・・・・・・いや、まさか」

美女(そう! 本当に眠れる森の美女なんだ!!)

王子「そんなに私の絵を気に入ってくれたのか」

美女(違う! 起きてないだけだ!!)

王子「・・・・・・よくみれば、私のマントもそのまま使っている」

美女(起きてないからな!)

王子「・・・・・・そんなに気に入ってくれたのかぁ」ニコ

美女(どっちもいらねえよ! キスが欲しいの、キスが)

王子「・・・・・・いや、何度見ても美しいお方だ」

美女(そうだな、私もそう思う)


9 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:05:28 ID:wEUUT1l.
王子「・・・・・・寝てるうちに・・・・・・キスを、しても」ズイ

美女(おおおいいぞ! どんどんキスしよう!!!)

王子「駄目だ!! そんな騎士道に反するようなこと!!!」

美女(駄目じゃない!! ウェルカム! ウェルカムだよ!!)

王子「くっ! 自分が恥ずかしい!! 行くぞ! 白馬よ!!」

白馬「ヒイン!」

パカラッパカラッ

美女(おーい!!!)


10 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:21:15 ID:wEUUT1l.
翌日、茨の森、奥深く

パカラッパカラッ ヒイン!

王子「・・・・・・昨日はすまなかった」スタ、スタ

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「今日も良く眠っている」ニコ

美女(うん、眠っているよ。お前がキスしないから)

王子「・・・・・・はあ」

美女(・・・・・・ん?)

王子「・・・・・・実は、私は王子なのだ」

美女(うん、どう見ても王子だな)

王子「これでも私は理想の統治者と呼ばれていてね、民からそれなりに尊敬もされているのだ」

美女(キスはしない無能だけれどね)

王子「・・・・・・しかし、本当の私は・・・・・・尊敬されるような人間ではない」

美女(・・・・・・)


11 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:22:08 ID:wEUUT1l.
王子「・・・・・・花に詳しいのは、庭師に学んでいるからなのだ」

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「剣術に心得があるのは、城の騎士に稽古を頼んでいるからだ」

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「容姿が端正と言われるのは、高い服を身に着けているからだ」

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「・・・・・・つまるところ、私は、自身の力では何も出来ぬのだ」

美女(・・・・・・王子)

王子「そんな私が、民に笑顔を向けられ、時に頭を下げられる・・・・・・これ程悔しいことはない」


12 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:23:04 ID:wEUUT1l.
美女(・・・・・・そんなことないよ。それだけが、あなたの全てじゃない)

王子「・・・・・・ははは、くだらぬことを話してすまない・・・・・・こんなこと、寝ているあなたにしか話せなかった」

美女(・・・・・・いつでも話していいんだよ)

王子「・・・・・・行くぞ! 白馬!」

白馬「ヒイン!」

パカラっパカラッ

美女「・・・・・・すう、すう」

美女(・・・・・・・・・・・・何しにきたんだよこの野郎!!!)


13 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:33:42 ID:wEUUT1l.
翌日、茨の森、奥深く

パカラッパカラッ ヒイン

王子「やあ!」

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「・・・・・・今日も、眠っているんだね」

美女(お前がキスしないで絵描いたり愚痴をこぼしているせいだろう!!)

王子「・・・・・・実は、私は恋焦がれているのだ。その美しい姿に」

美女(・・・・・・お?)

王子「だからこそ! 騎士道に準じて・・・・・・その、私と、プラトニックな関係を」

美女(そんなのいらないって! 好きならキス!! それで解決だろうに!!)

王子「・・・・・・君が目を覚ましたら、私は君に愛を告白しようと思う」

美女(あああぁぁあ分かってないな!! キスしたいんだよ私は!!!)


14 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:34:33 ID:wEUUT1l.

王子「・・・・・・しかし、なんと言えば良いのだろう・・・・・・愛している・・・・・・いや違うな」

美女(はっきりしろって! 男ならキス! 問答無用でキス!!)

王子「好きだ、結婚しよう・・・・・・いやいやいや、この花のようにあなたは・・・・・・いやいやいやいや」

美女(きーす、きーす、きーす)

白馬「ヒイン」パカラ、パカラ

王子「私があなたを幸せに? 愛? いや、城で一緒に暮らしませんか?」

白馬「・・・・・・」ベロベロ

美女(うわっ! ぺっ! やめろ! 馬! こら、馬!!)

王子「・・・・・・君は、どう思う?」チラ

美女「・・・・・・あ」パチ

王子「・・・・・・え?」

美女「えい!」チュウ

王子「むうう!?」

美女「ぷはぁぁ! やっとキスできたぞ馬鹿やろう! 遅いわ!!!」

王子「目、目を覚ましたのか!」


15 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:37:44 ID:wEUUT1l.
美女「あんまり遅いから馬で起きちゃったじゃないか!! 馬鹿!!」

王子「な、なにを」

美女「もういい! 帰る!!」スタ、スタ

王子「ま、待ってくれ! 君が好きだ!」

美女「はっきりしない男は嫌いだ!」スタ、スタ

王子「待ってくれ!! 君が好きなんだ!!」

美女「うるさい! キスできるようなってから出直してこい!!」

王子「そ、そんな」

美女「行くぞ! 馬鹿白馬!!」

白馬「ヒイン!」

パカラッパカラッ

王子「ま、待ってくれ!! 君を愛してるんだぁぁ!!」タッタッタッ



16 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:44:33 ID:wEUUT1l.
深い森の中

ヘンゼル(・・・・・・母さん、僕達を捨てたんだね)スタ、スタ

グレーテル「・・・・・・」スタ、スタ

ヘンゼル(・・・・・・でも、僕は母さんと離れるなんて嫌だよ。それに、グレーテルだって)

グレーテル「・・・・・・」スタ、スタ

ヘンゼル(・・・・・・だから、家に帰れるようにこのパン屑を)ポイ

グレーテル「もぐもぐ」

ヘンゼル(道の途中に捨てていけば)ポイ

グレーテル「もぐもぐ」

ヘンゼル(ちゃんと家に帰れるんだ!)ポイ

グレーテル「もぐもぐ」

ヘンゼル「おい」

グレーテル「んー?」


17 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:48:56 ID:wEUUT1l.
ヘンゼル「・・・・・・何を食べているんだい」

グレーテル「パン!」ニコ

ヘンゼル「・・・・・・それは、兄さんが道に置いたパンだよ」

グレーテル「ありがとうお兄ちゃん!」ニコ

ヘンゼル「ああ、いいよ。・・・・・・いやいやいやいや」

グレーテル「んー?」

ヘンゼル「いいかいグレーテル、よくお聞き」

グレーテル「うん」ニコ

ヘンゼル「このパンを道に捨てていけば、それを辿ってまた家に帰れるんだ」

グレーテル「ああそっか! お兄ちゃん頭が良いね!」ニコ

ヘンゼル「ありがとう。だから、落ちているパンを食べちゃ駄目だよ?」

グレーテル「分かった!」ニコ

ヘンゼル「よし、じゃあ行こうか」ポイ

グレーテル「もぐもぐ」

ヘンゼル「おい!」


18 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:52:20 ID:wEUUT1l.
グレーテル「んー?」もぐもぐ

ヘンゼル「・・・・・・そのパンは、兄さんが道に置いたんだよ」

グレーテル「美味しいよ!」ニコ

ヘンゼル「うん、美味しそうだね」

グレーテル「うん!」

ヘンゼル「食べちゃ駄目って、言ったよね」

グレーテル「うん!」

ヘンゼル「じゃあ食べちゃ駄目だよね」

グレーテル「うんっ!」ニコ

ヘンゼル「・・・・・・」ポイ

グレーテル「もぐもぐ」

ヘンゼル「こらっ!!」


19 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/22(水) 21:53:00 ID:VoRAIqOY
終わったと思ったらはじまた


20 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 21:56:59 ID:wEUUT1l.
グレーテル「んー?」

ヘンゼル「ねえ、グレーテル」

グレーテル「なーに、お兄ちゃん」ニコ

ヘンゼル「うちに帰りたくないのかい?」

グレーテル「帰りたいに決まってるでしょう!?」

ヘンゼル「あ、ああ。ごめん」

グレーテル「酷いよお兄ちゃん!」

ヘンゼル「うん、ごめんよ。もう言わないから」

グレーテル「なら許す」ニコ

ヘンゼル「グレーテルは優しいんだね」

グレーテル「お兄ちゃんの妹だもの」ニコ

ヘンゼル「・・・・・・よし、じゃあ行こうか」ポイ

グレーテル「もぐもぐ」

ヘンゼル「うおい!!!」


21 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 22:00:57 ID:wEUUT1l.
深い森の先、お菓子の家

ヘンゼル「・・・・・・結局パンの道は作れなかったなぁ」

グレーテル「お兄ちゃん! あれ見て!」

ヘンゼル「え? なにこれ!」

グレーテル「すごーい! お菓子の家だ!」

魔女「ヒイッヒッヒ! 私はこの家に住」

グレーテル「もぐもぐもぐもぐ」

魔女「・・・・・・」

ヘンゼル「・・・・・・」

グレーテル「美味しいよ、おばあちゃん」ニコ

魔女「・・・・・・ヒ、ヒイッヒッヒ! 私はこ」

グレーテル「もぐもぐもぐもぐ」

魔女「・・・・・・」

ヘンゼル「・・・・・・」


22 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 22:06:29 ID:wEUUT1l.
グレーテル「はあ、おなか一杯! お邪魔しまーす!」

ガチャッバタン!

魔女「・・・・・・」

ヘンゼル「・・・・・・」

魔女「・・・・・・」

ヘンゼル「・・・・・・あの、さっきの続き」

魔女「あ・・・・・・ヒ、ヒイッヒッヒ! 私はこの家に住むおばあちゃんだよ。お腹が空いたならこ」

ガチャッバタン!

グレーテル「お邪魔しました!」ジャラジャラ


23 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 22:07:43 ID:wEUUT1l.
ヘンゼル「・・・・・・グレーテル、そのパンパンに膨らんだポッケはなんだい?」

グレーテル「お土産!」ニコ

魔女「いや、それは私の宝せ」

グレーテル「お土産!!」ニコ

魔女「あ、いや、だからそ」

グレーテル「お土産!!!」ニコ

魔女「ああ、お土産だ。お土産だよ。もう煩いから帰っておくれ」

ヘンゼル「・・・・・・あの、すいませんでした」



24 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 22:13:28 ID:wEUUT1l.
雪の降る街

むかしむかし、雪の降りしきる大みそかの晩。

みすぼらしい服を着たマッチ売りの少女が、寒さにふるえながら一生懸命通る人によびかけていました。

少女「マッチは、いかが。マッチは、いかがですか。誰か、マッチを買ってください」

でも、誰も立ち止まってくれません。

少女「お願い、一本でもいいんです。誰か、マッチを買ってください」

今日はまだ、一本も売

おじさん「おお! 良い所に!! うちは煙草屋なんだが、マッチを運んでいる馬車が事故にあったようでね」

きょ、今日はまだ、一ぽ

おじさん「全部売ってくれ! なんなら支払いに色をつけても良い!」

きょ、今日はま

おじさん「ありがとう! 本当に助かった! いや、いいんだ。多いお金で暖かいものでも食べなさい」

今日は

少女「スープあったかいなぁ」



25 名前: ◆rPuHN1dQX2 [] 投稿日:2017/03/22(水) 22:17:42 ID:wEUUT1l.
※本当に完です。
ありがとうございました。

完結した過去作
凛「これが・・・・・・令、呪?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1485595157/

男「俺は本当に切実に友達が少ない」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1488801021/

神様「安価で他のSSの世界に異世界転生して下さい」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1488507208/l50

男と女のまったり雑談スレ【Part8】
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1490076351/l50


26 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/22(水) 22:19:28 ID:VoRAIqOY
面白かった


27 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/22(水) 22:57:12 ID:doDtoQj.
これからは取り敢えず貴方が書いてるんだと思いながらss見ることにするよ 違ったら心の中で謝罪するけど


28 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/23(木) 00:09:15 ID:RX4UitBM
本当に幅広いなおつ


29 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/23(木) 02:22:35 ID:WZZJ7SmU
お前だったのか(驚愕)


30 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/23(木) 10:15:21 ID:EVA9IAkU
白馬△



31 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/23(木) 12:20:55 ID:5cm08tdM
格好いい我様の人かよw
ギャグもいけるんだな、おつおつ


32 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/03/23(木) 15:44:11 ID:HxpDGZhE
お前らの騙されやすさにほっこりするわ




戻る 上へ