■戻る■ 下へ
自動人形「よお」
1 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:15:30.54 ID:r82yy6bt0
コッペリア「あんたが皇帝か。よろしくたのむぜ」
皇帝「……」
ヒラガ「本当に口が悪くて困ったもので…」
皇帝「こちらこそよろしく」
ヒラガ「!?」
コッペリア「ついていってやるからありがたく思え」
皇帝「ははは」
ヒラガ「皇帝陛下になんて口をグゥハッ!!!??」
コッペリア「うるさいぞ、じじい」
皇帝「元気があって非常にいいじゃないか」
ヒラガ「こ、皇帝…どうか御考え直しを……」


2 :ぽっぽ焼き ◆pOPPOVB9oU [] :2008/10/24(金) 00:16:16.60 ID:tOqp4eAD0
コッペリアのエロ画像ください


3 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:16:38.04 ID:IxELCo8k0
えらい懐かしいな


4 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:18:35.75 ID:r82yy6bt0
トカゲ「サラマンダーのアウだ」
コッペリア「トカゲだな」
イーリス「イーリスのスカイアです」
コッペリア「寒そうな格好だな」
ネレイド「ネレイドのナウシトエです」
コッペリア「変な名前だな」
皇帝「イーストガードのソウジです。覚えてくれたかな?」
コッペリア「皇帝だな。覚えてるぞ馬鹿にするな」


5 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:22:45.24 ID:r82yy6bt0
ソウジ「とりあえず装備を整えたいからそのプリマチュチュってのを外しt」
コッペリア「スカートを脱げって命令か」
ソウジ「……」
コッペリア「皇帝は変態だな」
ソウジ「いや、それをつけてると鎧が装備できn」
コッペリア「ようするにスカートを脱げって」



ネレイド「皇帝…そんな趣味が」
イ―リス「まあ…人それぞれの性癖がありますし」
トカゲ「……触れてやるな」


6 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:23:15.22 ID:TpRMSMXnO
オートマータ


7 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:23:56.87 ID:5+qY0VX+0
ソウジ・・・LP1の奴か・・・・・・・・・・・・・


8 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:25:14.22 ID:o/M3AkoIO
即死皇帝www


9 :VIPがお送りします [sage] :2008/10/24(金) 00:27:54.83 ID:r82yy6bt0
>>2
ttp://sukima.vip2ch.com/up/sukima014752.jpg
これで我慢しとけ

ソウジ「えー、色々誤解を招くような過程がありましたが気にしないでください」
イーリス「…」
ネレイド「…」
ソウジ「……そこの性別不明のお二人。私をあまり蔑まないでください」
コッペリア「別にスカートを脱げって命令されただけだぞ」
ソウジ「間違ってないけどすごい誤解を招く発言ですよね?」


10 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:32:13.40 ID:r82yy6bt0
満月亭・夜

トカゲ「なあ、皇帝さん」
ソウジ「なんです?」
トカゲ「このパーティーって皇帝以外全員が性別不明だよな…」
ソウジ「ええ」
トカゲ「……」
ソウジ「……」
トカゲ「俺はそんな安い奴じゃないからな!」
ソウジ「え?」
トカゲ「あとそういう趣味の奴だって分かってもパーティから外れないからその点は安心してくれ!」
ソウジ「え?え?」


11 :VIPがお送りします [sage] :2008/10/24(金) 00:40:00.37 ID:r82yy6bt0
ソウジ「まず我々の目的は七英雄・ロックブーケを倒すことにあります。
     前皇帝から継承法により、ロックブーケは男を魅了する力があることがわかりました。
     女性には効果が無いという話がありましたけど、そういう趣味の人がいる可能性も排除しきれません。
     なので万難を排して性別不明のみなさんに集まってもらった次第です」
イーリス「何いきなり解説してるんですか」
ソウジ「なんだか誤解がありそうだったので…」
ネレイド「私たちは皇帝を信じてますよ?」
ソウジ「ありがとうございます」
コッペリア「元気だせよ」
ソウジ「ハイ……ところでなんで陣形がハンターシフトに変わってるんですか?」
トカゲ「……」
ネレイド「…」
イーリス「…」
ソウジ「誤解しっぱなしじゃないですか!!!!」


12 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:50:07.49 ID:r82yy6bt0
ソウジ「陣形はラピッドストリーム、ロックブーケにはアマゾンストライクでいきますよ」
コッペリア「おー」


トカゲ「俺が隣って…一緒の部屋に寝泊まりさせられた俺の苦労も…」
ネレイド「私たちなんて半裸同然ですよ!?」
イーリス「嫁入り前の体がキズものにされたらどうするつもりですか!」
トカゲ「俺×皇帝とか地獄絵図だろうが!」
ネレイド「大丈夫ですよ。一応性別は不明ですから」
トカゲ「まったく根拠になってねえからな!」


ソウジ「…」
コッペリア「皇帝は大変だなー」
ソウジ「たぶん私だけですよ。こんな偏見を受けている皇帝は……」


13 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 00:58:52.66 ID:r82yy6bt0
ソウジ「さて、ステップを抜けてジャングルに来たわけですが」
コッペリア「湿気がすごくて間接がきしむぞ」
ソウジ「水に思いっきり入ったからじゃないですか。自業自得です」
コッペリア「思いやりのない皇帝だな」
ソウジ「…」
トカゲ「で、なにか問題が?」
ソウジ「ええ」
ネレイド「重要な問題?」
ソウジ「結構」
イーリス「何が起こったんですか?」


ソウジ「…道に迷いました」


14 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 01:04:28.68 ID:r82yy6bt0
トカゲ「ハア!?」
ソウジ「面目ない…」
イーリス「空を飛ぼうにもウィズゴブリンが徘徊してますし…お役に立てませんですいません」
ソウジ「申し訳ありません…」
ネレイド「使えませんね」
ソウジ「一応、私は皇帝なんですが…」
コッペリア「皇帝はクズなのか?」
ソウジ「なぜかコッペリアの言葉が一番痛いです」


15 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 01:19:13.78 ID:r82yy6bt0
ソウジ「でも見覚えがあるような…ないような」
トカゲ「どっちだよ」
ソウジ「正直おなじような風景なので判別がつかないんですよ」
ネレイド「なにか特徴的な物があったりは?」
ソウジ「あったら苦労はしてませんね」
ネレイド「無能ね」
ソウジ「そうですね」
ネレイド「あらやだ…ただでさえつまらないのに自虐なんかしちゃ更につまらなくなっちゃうじゃない」
ソウジ「……」


16 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 01:27:20.88 ID:r82yy6bt0
トカゲ「困ったときは声をかけてくれ・・・今、そんな気分になった」
ネレイド「力を貸しましょう」

ソウジ「ははは…歴代皇帝は恵まれていましたねえ」
ネレイド「なんか思い出して笑ってるよ…どうするべきかしら」
トカゲ「俺に聞かれても…」
ソウジ(…あれ?イ―リスってどんな風でしたっけ)

イ―リス「はやくワグナスをなんとかしてよ!」

ネレイド「今度は泣きだしたよ…」
トカゲ「一体なんなんだ…」
イーリス「情緒不安定ですねえ」


17 :VIPがお送りします [sage] :2008/10/24(金) 01:36:22.72 ID:r82yy6bt0
ソウジ「おや…そういえばコッペリアは?」
ネレイド「あそこでオモチャ見つけて遊んでる」
ソウジ「オモチャ…?ジャングルにそんな何か落ちて」
コッペリア「重いー」
トカゲ「石舟?…なんでこんな所に放置されてるんだ」
ソウジ「石舟…ということはアマゾネスの村の近くですか」
コッペリア「ほら、なにか使えそうなのを拾ってきてやったから元気だせよ」
ソウジ「いやもう要らないものなんで今さら渡されても移動速度が遅くなるだけなん」

イ―リス「モンスターにこっちに来た!」

ソウジ「って今ちょっとこんな重いもの持って鳥シンボルこっちきちゃ駄目えええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!」


18 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 01:45:24.00 ID:3Em3DoWNO
元の話は知らないけど
気になるな


19 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 01:52:26.93 ID:r82yy6bt0
ソウジ「石船をゴミ箱に入れて倉庫に送って解決しましたが」
トカゲ「陣形を乱されて危うく皇帝が死ぬ所だった」

ネレイド「いい?コッペリア。もしも皇帝が死んだらこのなかの誰かが記憶を受け継がなきゃならないのよ?」
コッペリア「ほー」
イ―リス「しかも海に潜ってタコの怪人と戦ったり人形フェチの爺さんと戦ったり」
コッペリア「それは嫌だな」
ネレイド「誰もが平和になるにはこのまま年代ジャ……おっと危ない危ない」
コッペリア「ソウジは大変なんだな」
イ―リス「そうよー、大変なんだからね」


20 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 02:00:16.06 ID:r82yy6bt0
コッペリア「強いのに早くて、でもソウジはすぐイってしまうんだって?」
ソウジ「…」

ソウジ「正座」
トカゲ「俺は悪くない!」
ソウジ「正座」
トカゲ「いやちょっと待て!あいつらがアマゾネスの村に逃げ込んだからって俺にやつあたりは」
ソウジ「正座!」
トカゲ「あの、ちょっと」
ソウジ「正座!!!」
トカゲ「ひいっ!?」


21 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 02:15:17.65 ID:r82yy6bt0
ソウジ「無駄に滞在日数を伸ばしたおかげでコッペリアがカビかけてます」
コッペリア「精密機械に湿気は禁物なんだぞ」
ソウジ「なにか言いたい事はありますか?」
ネレイド「皇帝は一度アマゾネスを仲間にしてるのに何故入れないんですか」
ソウジ「……秘密です」
イーリス「やっぱ人望がないんですかね」
ソウジ「…そんなことは無いですよ」
トカゲ「俺でも村に入れるのに」
ソウジ「……」


ソウジ「私だって傷つくんですよ?」
コッペリア「そうか、大変だな」
ソウジ「LPが1だったりこんな性別不明の集まりも頑張ってまとめようと努力してるんですよ?」
コッペリア「皇帝は大変なんだな」
ソウジ「うう……」


22 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 02:29:28.31 ID:r82yy6bt0
女「ありがとう、とっても強いのね」
ソウジ「…」
女「お願いがあるんだけど・・・ってなんでいきなり泣いてるの?」
ソウジ「優しい言葉がすごく…身にしみて……うう…」
女「あらまあ…でね、ちょっと助けてほしいのだけれども」
ソウジ「あ、それは断ります」
女「え!?」
ソウジ「…私は皇帝です。どういうことか理解できるでしょう?」
池袋「…そう。じゃあ無理やりにでも願いを聞いてもらうわよ!」
ソウジ「陣形!アマゾンストライクに組んで迎撃!!!!」
トカゲ「おう!」
イ―リス「私とネレイドは後方へ!」
ネレイド「コッペリアはソウジの左後方に位置!」
コッペリア「わかったぞ!」


23 :VIPがお送りします [sage] :2008/10/24(金) 02:39:56.90 ID:r82yy6bt0
池袋「前皇帝の死に様を忘れたかしら?」
ソウジ「覚えてますよ。皇帝以外が魅了され、水鳥剣での全滅」
池袋「もう一度再現してあげるわ!」

[ 魅了 ]

池袋「…あら?そこの三人はともかく皇帝もトカゲさんもかからないなんて…」
ソウジ「アウはこう見えても性別は不明、私は皇帝が見切ってくれたおかげで効きません」
池袋「あらそう…でもそれだけで勝てるとでも思ってるのかしら!!」
ソウジ「簡単には勝てるとは思ってませんよ!」


24 :VIPがお送りします [テンプテーションだった] :2008/10/24(金) 02:49:14.83 ID:r82yy6bt0
池袋「お、おにいさま…」

ソウジ「これで…サラマットをようやく平定できます……」
コッペリア「……」
ソウジ「コッペリア?」
コッペリア「ソウジ、顔色悪いぞ」
ソウジ「そうですかね」
コッペリア「早くアバロンに戻ろう。休め」
ソウジ「…」
コッペリア「ソウジ、どうした?」
ソウジ「いや、コッペリアが心配してくれたのが嬉しかっただけですよ」
トカゲ「ひゅー」
ネレイド「人形に欲情は人としてアウトですからねー」
ソウジ「……」
イ―リス「いや、私は愛に性別もなにも関係ないと思いますけど」
ソウジ「それはフォローになってませんからね?」


25 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 02:57:14.43 ID:r82yy6bt0
ソウジ「ええと…七英雄はこれであと二人…いや、クジンシーを入れて三人ですか」
コッペリア「…ソウジ、そんな体では無理だ」
ソウジ「コッペリア…皇帝とはどんな人だかわかりますか?」
コッペリア「ソウジじゃないのか?」
ソウジ「ええ、今の皇帝は私です。しかしそれまでに何人も居たのです」
コッペリア「それがどうかしたのか?」
ソウジ「皇帝は、世界を救うために死んでもいいと決意した人たちが選ばれてきました」
コッペリア「ふむふむ」
ソウジ「なかには志半ばで死んでいった方々もいます」
コッペリア「…」
ソウジ「その想いは一人、また一人と次の皇帝へと消えることなく伝えられていきます」
コッペリア「だが、他人だぞ?」
ソウジ「伝承法、と言う術がありましてね・…」


26 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:04:58.08 ID:r82yy6bt0
イーリス「無理ですか」
オアイーブ「はい。古代人でもなく、しかも死の間際の人間を長生きさせる手段なんて無理です」


トカゲ「あー…あの生命力回復薬とかは?」
魔女「そんなので回復するなら皇帝はいまだジェラール帝のままさね」
トカゲ「……」


ネレイド「万能薬でも無理ですか」
ノーマッド「皇帝には大恩がありますが…不可能なことは不可能です」


27 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:10:32.89 ID:r82yy6bt0
コッペリア「伝承法…」
ソウジ「強い意志を持つことが資格です。そして受け継いだ人間は皇帝たちの記憶や技、想いなどを受け継ぐのです」
コッペリア「…それはニンギョウでも可能なのか?」
ソウジ「前例がないのでなんとも」
コッペリア「そうかー…」

ソウジ「コッペリア」
コッペリア「なんだ?」
ソウジ「あと…そうですね、一年。一年間ほど休んだらまた出発しましょう」
コッペリア「一年!一年もあれば治るのか!」
ソウジ「ただ寝てるだけなのも暇なので話し相手として傍にいてください」
コッペリア「うむ、聞いてやる!」
ソウジ「じゃあ私の故郷のヤウダの話でも……」



28 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:12:11.59 ID:r82yy6bt0






      58年後












29 :VIPがお送りします [sage] :2008/10/24(金) 03:12:35.30 ID:M4M1Et/AO
フランシーヌじゃないのですか


30 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:18:14.13 ID:r82yy6bt0
コッペリア「ヒラガ」
ヒラガ「どうした?なにかあったのか?」
コッペリア「私はアバロンに行きます」
ヒラガ「…?お前、ソウジ帝が亡くなられてから何も喋らんと思ったら何をいきなり」
コッペリア「いえ、ソウジさまは私のなかにおられます」
ヒラガ「急に何を言い出すと思ったら…もう何十年前だと思ってるんだ?」
コッペリア「これは冗談でもなんでもありません」
ヒラガ「?」
コッペリア「私は…いいえ、私たちは義務があるのです」
ヒラガ「まさか…」


31 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:18:50.73 ID:r82yy6bt0

コッペリア「私は皇帝になったのです。
       皇帝の魂を受け継いで、本当の命を得たのです。
       長い間、お世話になりました。」



32 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:30:25.84 ID:r82yy6bt0
コッペリア帝「私たちは七英雄を倒し、秩序ある世界を取り戻すことを目的としています」
ソフィア「はい」
コッペリア「そのためにあなた達を使いますが、ついてきますか?」
ハンニバル「望むところです」
コッペリア「私は前例のない、人形の皇帝です。それでも信じられますか?」
コウメイ「皇帝を疑うということはあり得ませんよ」
コッペリア「…」
ジュウベイ「皇帝の、先代への恩を私は返すまでは死にませんから」


コッペリア「では、征きます!」


33 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:31:59.50 ID:r82yy6bt0



こわれた 人形 ▽




34 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:32:26.93 ID:r82yy6bt0
終わり。
コッペリア大好き


35 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 03:55:13.23 ID:82qdOvrnO
追いついたと思ったら終わってた


36 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 04:05:05.50 ID:r82yy6bt0
>>35
読んでくれてありがとう


37 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 04:06:48.80 ID:2bbzHiCSO
和日郎の絵が嫌い。


38 :VIPがお送りします [] :2008/10/24(金) 04:38:42.83 ID:r82yy6bt0
>>37
今さらだけどロマサガ2の話だぜ?


39 :VIPがお送りします [sage] :2008/10/24(金) 08:00:10.96 ID:J+djPWSN0
931 931



戻る 上へ