戻る  下へ 次へ

女「OO」 8

女「先輩のお世話をしないと」

女「や、疫病神…?」厄神「その2!」

女「や、疫病神…?」疫病神?「…」ニッコリ


女「ランプとか泉とか、トレンディーじゃないのよ」

女「羊羮?」男「洋館ですよ、先輩」

女「そこまでです、タイムトラベラー!」男「またかよォッ?!」

女「十七年後につかまえて」

女「あ〜あ、退屈だなぁ」


女「好きです!付き合ってください!」女友「……」

女「一晩、泊めてください」男「あ、こいつ100%昼間助けた鶴だ」

女「私を監禁してどういうつもりなのかな」

女「私、イケメンさんのセフレなの」

女「私、幽霊なんです」 男「そうか」


女「あの、顔色悪いけど大丈夫ですか?」 男「・・・え?」

女「じゃあさ、初恋の思い出とか語ってよ」 男「うざっ」

女「好きです!付き合ってください!」男「・・・ごめんなさい」

女「くすぐりフェチ?」友「うん」

女「ツwwwンwwwデwwwレwww」


女「アタシと仕事、どっちが大事なのよ!」男「……」

女「公衆便女だよ」

女「献血をしよう」

女「俺の名は女。正真正銘の男だ」

女「少し酔ったみたいだね」


女「いやぁ媚薬はズルいっすわ」

女「お手軽催眠講座」

女「リストラされて2年…」

女「恋人同士になって5回目のクリスマス」

女「今日はどんな事件があったの?」


女「大学生活2度目の誕生日」

女「じゃあ、一緒に帰ろっか」

女「周りに百合しかいない」

女「淡々と四肢切断する」

女「まぐまぐ」男「かわいい」


女「大好き!」 男「俺は好きじゃない!」

女「おかか、お好きなんですか?」

女「機械の体ですけど、一緒に過ごします?」-004- 完   すみません編集忘れてました

女「…斬る」

女「知らない女の子が部屋でまったりお茶飲んでる……」


女「わたしの話をしてあげます」

女「空気男かぁ」男「目立ちたガールなぁ……」

女「犯されたい!!」女友「」

女「金もってきた?」男「も、持ってきてないです…」

女「…何で私の服着てるの?」 少年「」


次へ 戻る 上へ