■戻る■ 下へ 次へ
女「あんたって休日何してるの?」 男「それはもう」
1 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 20:43:38 ID:.SmjmouE
男「バイトですよ」

女「ふーん」

女「で今から行くのは?」

男「それはもう」

女「バイト」

男「そう」

女「明日は?」

男「バイトですよ」

女「明後日は?」

男「バイトですよ?」

女「明々後日は?」

男「それはもうバイトですよ」

女「馬鹿にしてんの?」

男「ええ…」


2 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 20:49:20 ID:.SmjmouE
男「じゃ、バイトだから」スタスタ

女「…あんたさ!」

男「はいー?」 クル

女「いっつもバイトしてんの?」

男「そうだよ!じゃね!」 スタスタ


女「何よ!愛想ないわね!」


3 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 20:56:02 ID:.SmjmouE
後日 放課後


男「ぁぁー…」 グッタリ

女「バイト?」

男「!、そうだよ」

女「なんのバイトしてんのよ」


男「ええ? あー、色々」

女「何よそれ」

男「掛け持ちだよ、掛け持ち」

女「ふーん。友達と遊びに行く暇とか作らないわけ?」

男「あー。ほら、俺、人付き合い苦手だから」

女「ふーん。普通に話せてるじゃん」

男「話しかけてくれるから」

女「そんなもん?」

男「そんなもん。じゃ、また明日」ガタッ


4 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:03:13 ID:.SmjmouE
後日 放課後

男「さてと…」

女「…」

女「あんたさ」

男「ん?」

女「バイト楽しい?」

男「んー…普通?」

女「そう」

男「うん!じゃ!」スタスタ


女「…少しは話し込んでくれても良いんじゃないの?」


5 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:08:55 ID:.SmjmouE
後日 放課後

男「よしっ行くか…っと」

女「バイト?」

男「そうだよ…って、なんで道塞ぐの?」

女「そっけない」

男「ええ…そんな…」

女「そんなです」

男「あの、本当に時間が…」

女「…。じゃ質問に答えくれたら通してあげる」

男「よし来た」

女「どこでバイトしてんの?」

男「えーっと…今日は○○町4丁目のコンビニ」

女「掛け持ちなの?」

男「そういったよ…」


6 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:11:26 ID:.SmjmouE
女「ふーん」

男「じゃ、これで!」 タッタッタッ

女「4丁目のコンビニねぇ…」



夜 コンビニ

男「いらっしゃいませー…あっ」


女「こんばんわ」

男「どうしたの」


7 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:15:10 ID:.SmjmouE
女「へー。本当にバイトなんだ」

男「そらそうだよ」

店長「あれ男君。そんな可愛い彼女が!」

男「あ、いやいや、ただのクラスメイトですよ」

女「そうでーす」

店長「あら、そうなの。ま、ゆっくりしてってね!」


女「どうもー」

男「是非なんか買ってってよ」

女「おごり?」

男「NO」

女「えー」


8 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:18:56 ID:.SmjmouE
男「328円のお返しです」チャリン

女「じゃ、バイト頑張ってね」

男「うん、どうもね」

アリガトウゴザイマシター

女「ふーん…バイトしてんだね…」ガサッ

女「ただのクラスメイトって…そりゃそうだよね」

カシュッ ゴクッ

女「うん。おいしっ」


9 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:23:30 ID:.SmjmouE
後日 授業中

男「…zzz」

先生「これっ!」ポカッ

男「あいたっ!…ってー」

先生「最近居眠り多いぞ!」

男「ごめんなさい…。徹夜でゲームしてて…」

先生「ったく。そんなんじゃ進学できないぞ!次は258ページを開いて、えーパリ講和会議---」

男「ふぁーあ…」

女「 徹夜でゲームしてたの?」コショコショ

男「ん〜…そんなとこ…」コショコショ

女「あんたも遊んだりすんだ」コショコショ

男「…」


10 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:29:23 ID:.SmjmouE
後日 休み時間

女友「でさー」

女「…」

女友「…おいっ!」パン

女「むっ」

女友「むっ、じゃない。どうしたの、何見てんの?」

女「別に?」

女友「男でしょ。好きだよねー」

女「別に?」

女友「本当〜?」

女「マジマジ」


11 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:31:47 ID:.SmjmouE
女友「じゃ、なんでアプローチかけんの?」

女「アプローチっていうか、隣同士じゃん?そりゃ話すでしょ」

女友「ふーん。そっか」

女「そんな事より学校終わったらカラオケ行かない?」

女友「いいねー!」


12 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 21:54:52 ID:.SmjmouE
放課後

女友「カッラッオッケ!カッラッオッケ!」

女「ちょ、恥ずかしい…」

男「いらっしゃいま…えっ」

女友&女「あっ」

男「いらっしゃいませー」

女「あんたここでもバイトしてんの?」

男「ご覧の通り」


13 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:03:04 ID:.SmjmouE
カラオケルーム

女友「どおこでえ!!!!!こおわあれたのおおおおフレエエエエエエエンズ!!!!!!!」

女「ひゅー!!!!」

コンコンコン

男「お飲み物お持ちしました〜」

女友「おお〜様になってるねー」

男「そう?」ハハハ

女「なんか歌えば?てか歌ってよ」

男「えっ。バイト中だからそれはまずい」

女「えー。何時にバイト終わんの?」

男「今日は10時だね」

女「ふーん」


14 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:11:29 ID:.SmjmouE
店員「ありがとうございましたー」

ウィーン

女友「ふー!歌った歌った!」

女「さーてと…」

女友「あれ?どこ行くの?」

女「ちょっとそこらへんブラブラしよっかなーって」

女友「あ〜?もしかして、男?」

女「…いや?」

女友「素直じゃないなー!好きなんじゃん!よっ!肉食女子!」

女「ふん!」 ギャリギャリ

女友「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!痛い!!ギブギブ!」

女「別にそんなじゃないから。興味あるだけ!」

女友「あたたた…わかったわよー…」


15 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:22:55 ID:.SmjmouE
男「じゃ、失礼しまーす…」

男「はぁ…ん?」

女「お疲れ様です」

男「あれ?なんで?」

女「10時に終わるって言ってたじゃん」

男「これはこれはどうも」

女「いえいえ。そしたら少しブラブラしない?」

男「えっ」

女「あんた普段から遊ばないんでしょ?」

男「まぁ」

女「あと聞きたい事もあるし」


16 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:27:59 ID:.SmjmouE
ゲームセンター

男「ぬわああああ!!!!!」ガチャガチャ

女「真空…」

女「波動拳!!!!!」

ズバババ ケイォゥー

男「少しは手加減してくれよ!!4連敗だ!!」

女「へっへーん。女だからって甘く見るから…」

男「くそぉぉぉ…」

女「次いこ!次!」


17 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:31:09 ID:.SmjmouE
男「プリクラぁ…?」

女「ほら!こっち!」

男「少し恥ずかしい…」

女「何照れてんのよ!ほら!」グイ

男「あらら…」


18 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:35:43 ID:.SmjmouE
男「………ぅわぁ…」

女「何」

男「プリクラって目でっかくなんのな…見ろ女の目」

女「それは言わない」

男「うひぇー…」

女「ほら次行きましょ!次!」

男「え、まだ行くの?あーあーあー…」グイグイグイ


19 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:41:14 ID:.SmjmouE
女「あー楽しかった!」

男「満足した?」

女「そういうあんたは楽しかった?」

男「楽しかったよ?」

女「そう、なら良かった…」

男「いや、本当に楽しかった。久々にこんな時間過ごせた。ありがとう」

女「…あのさ。家まで送ってくれる?」

男「うん?ああ、良いよ。そっか、もうこんな時間か」

女「まさか1人で帰らせるつもりだったの?うわ〜紳士じゃない〜〜」

男「誘ったのはそっちだろ…」


20 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 22:56:51 ID:.SmjmouE
女「…」

男「〜♩」

女「聞きたいんだけどさ」

男「? うん」

女「もう何ヶ月も前だけどさ」

男「うん」

女「…あんた泣きながら歩いてたじゃん」

男「ああ…そんな事あったっけ」

女「うん…たまたま夜に会った時さ」


21 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:13:11 ID:.SmjmouE
男『…』 ポロポロ

男『くそっ…くそがっ…』グスッ

・・・くん? ・・と・・くん?


女『男君?』

男『!? っ、ああ!えっと、女さんじゃん!』ゴシゴシ

女『ど、どうしたの?』

男『えっ!?ああ、いや、あー…』 ズズッ

男『ははは…』

女『…なんかあったの?』

男『何にもない!じゃあね!』 ダダッ

女『あっ』


22 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:19:57 ID:.SmjmouE
男「恥ずかしかったぁ…」

女「何があったの?」

男「何もないさ」

女「うそ」

男「嘘じゃないよ」

女「嘘だって」

男「本当だよ」

女「…何か悩みがあったなら気軽に言いなよ。もしかしたら助けてあげられるかもしれないし」

男「あの時泣いてたから話しかけてくれるようになったの?」

女「別にそう言うわけじゃない。私たち友達では無いかもしれないけど、クラスメイトでしょ?知り合いでしょ?」

男「ふふ…。良い人だよ女さん。俺なんかに心配してくれてありがとう」

男「でも心配する事は何も無いよ。それに女さんには関係ない事だ」


23 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:25:27 ID:.SmjmouE
女「関係無いって…」

男「そうだよ。でもありがとう。本当にありがとう。嬉しいよ」

女「…」

女「わ…わたしも何か探るみたいでごめんなさい。もう止めておく…」

男「うん、それがいい」

女「………じゃ私ここからすぐだから」

男「ああ。今日は楽しかった」

女「うん…じゃまた明日」

男「うん。じゃあね」


24 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:29:27 ID:.SmjmouE
女「…」

女(…何!?心配してんのに!何も無いとか嘘ついて!)

女(まあ、私のただのお節介か…)

女(別に恋人とかじゃあるまいし…なんでこんなモヤモヤするんだろ…)

女「あーあ、馬鹿みたい私」


25 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:34:16 ID:.SmjmouE
男「ただいま」

シーン

男「はぁー…」

男「気軽に相談してくれ…か」

男「ふふ。気軽にか」

プルルル プルルル

男「?、はいもしもし」

男「はい、ええ、ええ… !? ええ…」

男「…わかりました。すぐ行きます」


28 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:47:04 ID:.SmjmouE
2週間後

女友「男来ないね」

女「そうだねー」

女友「あらあら?そんなそっけない態度取っちゃうー?」

女「私には関係無いし〜?」

女友「え〜?あんなに構ってた、というか構って構ってしてたのに〜?」

女「言ったじゃん。ただ興味あるだけってさ。興味無くしただ・け」

女友「へー…そっか。 でも気になるよね」

女「そう?」

女友「そういう態度取るってことはめちゃくちゃ心配してんじゃん。私分かるよ」

女「そういうのお節介って言うのよ」

女友「…」


29 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:50:27 ID:.SmjmouE
女(あの夜から1度も登校してこない)

女(私には関係ない。確かにそう)

女(でも何だかずーっと心に引っ掛かってる)

女(好き?とか恋愛感情とかじゃない。ただただ男の言葉が引っかかる)

関係無い事だ




先生「ん?女か。どうした?」

女「聞きたいんですけど」


30 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/22(月) 23:57:44 ID:.SmjmouE
先生「男が欠席した理由なんだが家庭の事情としか言われてないんだよ」

先生「うん〜…。確かに三者面談の時には親御さんが来なくて、その時は父親は仕事が忙しいとしか聞いてなくてな」

先生「父子家庭としか男の事は知らんな。後はバイトに熱心な事くらいか?」

先生「その欠席の連絡も男自身からでな。詳しくは落ち着いてから知らせると言っていたからなぁ。先生も心配しているんだが」


女「そう…ですか…」

先生「ふーむ…」

女「ありがとうございました」

先生「はいよ!気をつけて帰れな」


31 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:05:07 ID:8ciyHbQE
コンビニ

店長「男くんねぇ…家庭の事情としか言われてないんだよねぇ…うん…」

店長「働き者でね、嫌な仕事でも引き受けてくれたりね。助かってるよ」




女(家庭の事情ね…。そっか…)


女(てかなんでこんな必死に聞いて回ってるんだろ)


女(あの時、必死に食いしばって泣いてるの見た時思わず話しかけちゃっただけなのに)

女(好奇心?彼を知りたいから?好きだから?同情?)

女「はーあ…私もわかんないや」


32 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:11:40 ID:8ciyHbQE
1ヶ月後
深夜

ガチャ

男「ただいま」

男「…」

男「…」


男「……………」

男「…とりあえず寝るか」


33 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:16:20 ID:8ciyHbQE
男「…っ、っぐ…ひっ…」ポロポロ

男「ッ!!」

男「夢か…」

男「……」 ゴシゴシ

男「嫌な夢だ…」

男「まだ4時か…」


34 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:18:57 ID:8ciyHbQE
ガチャ

男「ふぅー…今日は涼しいな…」


35 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:23:09 ID:8ciyHbQE
放課後 高校

女「友ー。かーえろっ」

女友「今日も来なかったね」

女「あいつ?知らない知らない」

女友「本当わかりやすい…」

女「だーから何回も言ってるじゃーん」

女友「はいはい。でも思ってみると男って影薄いよね」

女「…もう初めから居ない感じだもんね」


36 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:26:17 ID:8ciyHbQE
女友「このまま居なくなっちゃうかもね」

女「…そうかもね」

女友「またカラオケ行かない?久々に歌いたくなっちゃった」

女「久々って…先週行ったばっか…」

女友「いいじゃんいいじゃん。それに男が戻ってるかもしれないじゃん」

女「…まあ、いいでしょう!私も歌いまくる!」


37 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:31:32 ID:8ciyHbQE
カラオケ

女友「ふぅぅぅめぇつぅぅのフェイス!!!!!!せぇめてあなたのんぬわあかでぇはぁ!!!!!」


女(そのまま居なくなる)

女(居なくなっちゃうのか…)


女友「ふぅぅ!はい!女のばん!!)


女「! ああ、はいはい。 何を歌おうかな…」


38 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:36:45 ID:8ciyHbQE
店員「ではお会計が」

女「あの、男くんてそのあと何か連絡ありました?」

店員「えっ?ああー…チーフに聞いてきますね?」

女「すいません」


チーフ「…ああ、この前の」

女「どうも」

チーフ「男君からは何も連絡は来てないね。そろそろシフトが困ってくるから僕も困ってるんだけど連絡つかなくてね」

女「学校の方にも来てないんです」

チーフ「ふーむ…彼はあまり自分の事話さないタイプだったからなー…」

チーフ「そういえばよく考え事の為に公園でベンチに座ってるとか言ってたんだけど…まさかいるとは思わないけど…」

女(公園…)


39 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:39:35 ID:8ciyHbQE
女友「探す?」

女「まさか?ただ聞いてみただけ」

女友「…公園と行ったらここら辺だとあの池のある公園ぐらいしかなさそうだけど」

女「…」

女友「どうせ気になってるんでしょ?探しに行きなよ」

女友「まだまだ興味持ってるみたいなんだし」


女「……」


40 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 00:40:23 ID:8ciyHbQE
つづく


42 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2016/08/23(火) 05:49:17 ID:NWdb0h4k
期待してるよ


44 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2016/08/23(火) 08:59:22 ID:15klvaRw
これは期待



次へ 戻る 上へ