■戻る■ 下へ
俺「気がつくと、俺は記憶を失くしてしまっていた」
1 名前:SS速報VIPがお送りします [saga] 投稿日:2017/03/28(火) 02:52:17.30 ID:14Zq+O/Ao



ふと気がつくと、俺は記憶を失くしてしまっていた――




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490637136


2 名前:SS速報VIPがお送りします [saga] 投稿日:2017/03/28(火) 02:53:42.61 ID:14Zq+O/Ao

一体俺に何があったのか。

今まで俺は何をしてきたのか。

必死に思い出そうとするが、さっぱり思い出せない。もどかしい。



おそらくもう、思い出すことはないだろう。


3 名前:SS速報VIPがお送りします [saga] 投稿日:2017/03/28(火) 02:55:33.74 ID:14Zq+O/Ao

俺の近くに、一人の男がいる。


泣いている。


どうやら俺に起こった事態をとても悲しんでいるようだ。


4 名前:SS速報VIPがお送りします [saga] 投稿日:2017/03/28(火) 02:56:42.32 ID:14Zq+O/Ao

俺は推測する――俺とこの男はきっと強い絆で結ばれていたのだろう。


俺とこの男はさまざまな冒険を重ね、困難苦難を乗り越え、
俺はこの男の喜怒哀楽を全て受け止めてきたのだろう。

ついさっきまでの俺はそれらを全部覚えていた……はず。


なのに、今の俺は全く思い出せない。本当に申し訳ない限りだ。


5 名前:SS速報VIPがお送りします [saga] 投稿日:2017/03/28(火) 02:58:08.75 ID:14Zq+O/Ao

男が泣き叫ぶ。


「頼むぅっ……頼むよぉっ……!」


思い出してくれ、ということなのだろう。

だが、どんなに懇願されても、無理なものは無理なのだ。

俺にはどうすることもできない。


6 名前:SS速報VIPがお送りします [saga] 投稿日:2017/03/28(火) 02:59:02.39 ID:14Zq+O/Ao

泣きわめく男を尻目に、俺はあらためて自分に残る記憶を整理することにした。

俺とて、全てを忘れ去ってしまったわけではない。


こんな俺にも覚えていることが、たった一つだけあった。

自分が何者か、ということについてだ。


7 名前:SS速報VIPがお送りします [saga] 投稿日:2017/03/28(火) 03:00:13.69 ID:14Zq+O/Ao

俺はゲームソフト――

近くで泣きわめいている、俺で遊んでいたであろう男よ。



どうか最初からやり直して下さい。









―終―


8 名前:SS速報VIPがお送りします [sage] 投稿日:2017/03/28(火) 03:03:55.32 ID:IbD4GCT9O
おきのどくですがぼうけんのしょは


9 名前:SS速報VIPがお送りします [sage] 投稿日:2017/03/28(火) 15:15:41.89 ID:5tApb20F0
デン!

0% 0% 0%



戻る 上へ