■戻る■ 下へ
首相「我が国は難民を受け入れます」
1 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:01:01 ID:xU/RxVnc

支援者「やったー!」

支援者「これで多くの人達が救われる!」

右側「馬鹿な!? 狂ったのか首相!?」

支援者「この人種差別主義者!ざまぁwww」

右側「犯罪者が増えるだけだ!」

右側「EUを見ろ!酷い有様だぞ!?」

支援者「知るかバーカ!」

支援者「人道主義は人間として当たり前の行動だ!」


2 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:01:57 ID:xU/RxVnc

首相「そういう方をお待ちしておりました」

支援者「へ?」

首相「まず、我が国は難民を受け入れましたが」

首相「それ専用の施設を作るには時間が必要なのです」

首相「予算も組まなくてはなりません」

首相「そこで、その間、難民受け入れ支援者の皆さんで一時的にホームステイ等で」

首相「難民を預かって欲しいのです」

支援者「あ、預かる……え?」

首相「右側の様な人達から、難民の皆さんを守る為にもお願いします」

支援者「!」

支援者「……そうですぅね」

支援者「分かりました!」

支援者「人道主義に基き、預かります!」

首相「感謝します」


3 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:02:31 ID:xU/RxVnc

難民「kjjhsじhtふぁzxl、mんjひfrdっこんgf?」

難民「ぎおぽkhbンdxzsっさあdj;khgggdd;:。」

支援者「えと、何言ってるのか分からないけど」

支援者「よろしくね!」

難民「おきkhっでゅgfき」

難民「sjgdふぃtzsjtfb?」

支援者「ん?ご飯……かな?」

支援者「わかったよ」

支援者「……あれ?」

支援者「俺が食費とか払うの?」

難民「sjgdふぃtzsjtfb?」

支援者「あーはいはい」


4 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:03:01 ID:xU/RxVnc

時は流れ


難民「シエンシャ=サン」

難民「ゴハンクレ」

支援者「はいはい」

難民「モグモグ」

支援者(……あれからずい分経つのに)

支援者(国からの支援は一切無い)

支援者(いったいどうなってるのか……)


5 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:03:39 ID:xU/RxVnc

支援者「あ、あの、首相さん」

首相「はい?」

支援者「難民の事なんですが……」

首相「ああ、すみません」

首相「土地の確保すら難航していて……」

支援者「ええ!?」

首相「もう少し、お願いします」

支援者「そ、その!」

支援者「出来ましたら、食費だけでもいただけたら、と……」

首相「残念ですが、人道上の理由で出来ないんですよ」

支援者「はあ!?」


6 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:04:12 ID:xU/RxVnc

首相「人種差別撤廃に関する国際条約で」

首相「人種による差別はいけない事になっています」

支援者「それは当たり前ですが……」

支援者「それと何の関係が?」

首相「難民だからと言って彼らを優遇するのは」

首相「人種差別になるからです」

支援者「」

支援者「はあ!?」

首相「日本国に在住・定住する外国籍者は」

首相「国から何の支援も無く生活をしています」

支援者「し、しかし!」

支援者「難民は、突然に迫害を受けたりして難民になるわけでして……」

支援者「そういった事情は考慮されても良いのでは!?」


7 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:05:00 ID:xU/RxVnc

首相「ええ。ですから、今、在住に向けた土地収用などを行っています」

首相「ですので、もう少しお待ちいただきたい」

支援者「もう少しって……」

支援者「いったい何時までですか!?」

首相「さあ……その辺りは何とも」

支援者「」

首相「では、私はこれで」

支援者「しゅ、首相さん!」

支援者「……」

支援者「そ、そんな……」

支援者「……」


8 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:05:33 ID:xU/RxVnc

店主「あー支援者さん」

支援者「え?」

支援者「あ、近所のスーパーの店主さん」

支援者「どうしました?」

店主「どうした、じゃないよ」

店主「あんたのところの難民さんがウチの商品を盗み食いしてね」

支援者「ええ!?」

難民「シエンシャ=サン」

難民「コレ ウマウマ」

支援者「」

支援者「す、すみません」

支援者「お金は払いますので……」

店主「金さえもらえれば良いと言うもんじゃない」


9 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:06:08 ID:xU/RxVnc

店主「あんたが面倒見てるのなら、そういう社会のルールも教えてやってくれよ」

支援者「そ、それは……はい、そうですね」

店主「ったく……」

支援者「……」

支援者「……なんで……俺が……」

難民「シエンシャ=サン」

難民「ゴハン」

支援者「……」


10 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:06:52 ID:xU/RxVnc

さらに時は流れ


支援者「こんにちは」

難民「コンニチハ」

支援者「ありがとう」

難民「アリガトウ」

支援者「うん、言葉もだいぶ上手くなったね」

難民「シエンシャ=サンノオカゲ」

支援者「ははは、どういたしまして」

難民「シエンシャ=サン」

難民「ゴハンホシイ」

支援者「う、うん」

難民「サイキン、ゴハン、量、スクナイ」

支援者(もう……貯金も底をついた)

支援者(これ以上は無理だ……)


11 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:07:34 ID:xU/RxVnc

支援者「首相さん!」

首相「はい、何でしょう?」

支援者「あの、難民の事なんですが!」

首相「その事でしたら、もう少し……」

支援者「もう俺も限界なんです!」

支援者「何とか、難民特別法とかで対応して」

支援者「食費の支援だけでもして頂けませんか!?」

首相「は?特別処置ならすでにしていますが?」

支援者「え!?」

首相「一部税金の免除です」

首相「本来なら納税義務のある住民税、市民税などを免除しています」

支援者「し、しかし!」


12 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:08:14 ID:xU/RxVnc

首相「すみませんが、これ以上は人種差別になってしまいますので」

首相「もう少しそちらで対応して頂けますか?」

支援者「た、対応って……どうすればいいんですか!?」

首相「難民の方に働いてもらうとか」

支援者「」

支援者「そ、そんな! 彼らは、片言の言葉しか話せないんですよ!?」

首相「そう言われましても……」

首相「とにかく、お願いしますね」

支援者「あ! ま、待って!」

支援者「……」

支援者「……どうすれば」


13 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:08:56 ID:xU/RxVnc

難民「ハタラク?」

支援者「う、うん」

支援者「難民だからといって、何もしないままはルールとしてやっちゃダメなんだ」

難民「イママデデキタ」

支援者「今までは俺が何とかしてたんだ」

支援者「でも……もう限界で……」

難民「……ソウカ」

難民「オレハタラク」

支援者「頼むよ」


14 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:09:31 ID:xU/RxVnc

店主「……ウチは客商売だからね」

店主「言葉が不自由だとちょっと」

オーナー「こっちも接客業だからね……」

工場長「俺んとこは字が読めないとねぇ」

運送業者「運転免許が絶対条件」

支援者「」

暗黒業者「ちょいとキツくていいのなら」

暗黒業者「俺んとこで雇おうか?」

支援者「!」

支援者「あ、ありがとうございます!ありがとうございます!」

暗黒業者「なーに」


15 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:10:05 ID:xU/RxVnc

難民「シエンシャ=サン」

難民「ハタラクツライ」

支援者「我慢してくれ……」

支援者「こっちもいっぱいいっぱいでさ……」

難民「……」

難民「ワカッタ……」


16 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:10:40 ID:xU/RxVnc

難民「給料デタ」

支援者「おー良かったね」

支援者「いくらもらったの?」

難民「コレダケ」

支援者「……」

支援者「!?」

難民「ゴハンイッパイタベレル?」

支援者「ちょ、ちょっと待ってね」

支援者(め、明細書……)

支援者(……)

支援者(なんだよ……この特別雇用費って……)


17 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:11:11 ID:xU/RxVnc

支援者「暗黒業者さん!」

暗黒業者「ん?なんだい?」

支援者「この特別雇用費って何なんですか!?」

支援者「いくら何でも天引きしすぎじゃないですか!?」

暗黒業者「嫌なら辞めてもらってもいいぜ?」

支援者「!」

暗黒業者「こっちは行き場のねぇ難民を雇ってやってんだ」

暗黒業者「これくらい我慢しろよ」

支援者「明らかな労働基準法違反だ!」

支援者「訴えてやる!」

暗黒業者「ああ、別に良いぜ」

支援者「!?」


18 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:11:52 ID:xU/RxVnc

暗黒業者「訴えられた瞬間に廃業して、別業者になるだけだからな」

暗黒業者「やりたきゃ好きにすればいい」

支援者「」

暗黒業者「さっきも言ったが、辞めたきゃ好きにしろ」

暗黒業者「また仕事を探してやるんだな」

暗黒業者「くっくっくっ」

支援者「……」


19 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:12:32 ID:xU/RxVnc

難民「シエンシャ=サン」

難民「ハタラクヤメタイ」

難民「給料スクナイ」

難民「ゴハンイッパイニナラナイ」

支援者「わ、わかってる……」

支援者「他も探してるんだけど……どこも無くて……」

支援者「もう少し、我慢してくれ」

難民「……」

難民「……ワカッタ」


20 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:13:08 ID:xU/RxVnc

さらにさらに時は流れ


首相「支援者さん」

首相「お待たせしました」

支援者「え?」

首相「難民の皆さんを受け入れる施設が完成しました」

支援者「!」

支援者「ほ、本当ですか!?」

首相「今まで本当にありがとうございました」

首相「人道に基き、難民の皆さんが生活できる環境も整え」

首相「今日を持って、難民特別法は解除し」

首相「難民の皆さんも他の外国籍者と同様に扱います」

支援者「……」

支援者「え?」


21 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:13:53 ID:xU/RxVnc

首相「つまり」

首相「これからは、住民税・市民税など免除していた税金を納税して頂きます」

支援者「あ……」

首相「人種差別は良くありませんからね」

首相「さ、難民の皆さん」

首相「こちらの施設へどうぞ」

支援者「……」

難民「シエンシャ=サン」

難民「オセワナリマシタ」

支援者「う、うん」

支援者「元気でね」


22 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:14:34 ID:xU/RxVnc


国は、難民受け入れ施設を構築した。
難民は住処を得たが、同時に外国人と同様の扱いを受ける事になった。

難民は自力で就職先を見つける事は困難で
難民専用の職業支援を行い、難民は主に農業に従事する様になった。

また、難民に支払わせる税金は入国した時期に遡って徴収され
家賃や光熱費と共に給料から天引きされた。


難民「……」

難民「……仕事ツライ」

難民「生活……楽ニナラナイ」

難民「お金……溜マラナイ」

難民「……」

難民「シエンシャ=サン……」

難民「……」


23 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:15:12 ID:xU/RxVnc


ある日、施設を抜け出し、盗みを働く難民が出た。
いや……

これを皮切りに続出した。


右側「何が人道支援だ!」

右側「国は自国民の安全を優先しろー!」

右側「犯罪者は祖国へ返してやれー!」

首相「強制送還します」

支援者「ええ!?」

首相「残念ですが、犯罪を犯す人を我が国に置いておく事はできません」

支援者「ま、待ってください!」

支援者「難民達の国はまだ紛争が絶えなくて……」

支援者「そんなところへ送り返すなんて、あんまりです!」


24 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:16:07 ID:xU/RxVnc

首相「我が国としては、精一杯、難民を人種差別無く受け入れたのですが」

首相「犯罪を犯す人間は難民と認めません」

支援者「」

右側「その通りだ!」

右側「難民として受け入れられている国で犯罪を犯すなんて」

右側「恩を仇で返す行為だ!」

右側「強制送還で妥当だ!」

支援者「い、いや! 難民達にも何か理由が!」

首相「平和と言うモノは、タダで手に入るものでは無いんですよ」

首相「彼らも我が国に来たからには、我が国のルールに従ってもらわないと」

支援者「だからって強制送還はやりすぎだ!」


25 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:16:47 ID:xU/RxVnc

首相「難民条約は次の様な条件で適応から除外されるとあります」


平和に対する犯罪、戦争犯罪及び人道に対する犯罪に関して規定する
国際文書の定めるこれらの犯罪を行った事。


支援者「窃盗がこれに当たるのかよ!?」

首相「我が国の国民が暴力に晒されました」

首相「人道に対する犯罪と認定します」

支援者「横暴すぎる!」

首相「どこが横暴なのですか?」

首相「我が国の国民の安全の為、私は心を鬼にしてそうするのです」

首相「それとも支援者さんが身元引受人になっていただけるので?」

支援者「そ、それは……」

支援者「……」


26 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:17:24 ID:xU/RxVnc

さらにさらにさらに時は流れ


右側「難民受け入れ反対!」

右側「国は犯罪者予備軍を入国させるなー!」

右側「人道を言うなら、まず自国民の生活向上を優先しろー!」


テレビ「国は連日続く難民受け入れ反対デモに対し」

テレビ「受け入れ条件を厳しくする方針を固め、午後にも発表する模様です」


支援者「……」

??「シエンシャ=サン」

支援者「え?」


27 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:18:07 ID:xU/RxVnc

支援者「!」

支援者「あなたは、難民さん」

難民「ヒサシブリ」

支援者「え、ええ……久しぶりですね」

支援者「お元気でしたか?」

難民「……」

難民「アナタ、イッタ」

難民「ワタシ、スクウト」

難民「ココクレバ安心ダト」

支援者「……」


28 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:18:44 ID:xU/RxVnc

難民「タシカニ命キケンナイ」

難民「イキテイケル」

難民「デモ、ラクジャナイ」

支援者「それは……俺も同じだよ」

支援者「この国は君も俺も何らかの犠牲を払って生きているんだ」

支援者「ある程度の我慢は必要なんだよ」

難民「……」

難民「シエンシャ=サン」

支援者「……」

難民「ナゼ、ソレ、先ニイワナイ?」

支援者「え?」

難民「コンナ国ダトシッテイレバ、コナカッタ」

支援者「で、でも……」

難民「シネ」


29 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:19:17 ID:xU/RxVnc


グサッ


支援者「がっ……!?」

難民「……」

難民「ワタシノ国、ウソツキハ死刑」


ザクッ グサッ ドスッ


支援者「ぎっ! あああっ! や、やめっ……」

難民「シネ、シネ、シネ」


ドサッ…


支援者「……」

支援者(どうして……コンナ……事……に……)

支援者「」


30 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:20:17 ID:xU/RxVnc

暗黒業者「支援者が死んだそうですぜ」

首相「そうか」

暗黒業者「で、やったのはまた難民」

暗黒業者「これでまた難民の受け入れが厳しくなるねぇ」

首相「まあ騒ぎたい連中は騒がせておけばいい」

首相「安価な労働力は、我が国には必要不可欠だからな」

暗黒業者「奴隷って言った方がいいんでない?」

首相「何を言う」

首相「彼らは大切な『安価な労働者』だよ」

首相「死なない程度に可愛がればいい」

暗黒業者「おーこわっ」

首相「甘い汁を吸いまくってる君に言われたくないな」

暗黒業者「へへっ」


31 名前:深夜にお送りします [] 投稿日:2017/02/24(金) 23:20:53 ID:xU/RxVnc

暗黒業者「それではいつもの……」

首相「名前は変えて献金してくれよ?」

暗黒業者「分かっていますって!」

闇黒業者「それじゃ、俺はこれで……」

首相「うむ」

首相(さて、受け入れた難民がどうなろうと知った事ではないが)

首相(難民の国が終戦した後は、その処理も必要になる……)

首相(まあ、それは次の首相に頑張ってもらおう)

首相(くっくっくっ……)


終了


32 名前:深夜にお送りします [sage] 投稿日:2017/02/24(金) 23:21:37 ID:xU/RxVnc
あくまでフィクションです。



戻る 上へ