■戻る■ 下へ 次へ
勇者「魔王城がなんかおかしい」
1 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 18:54:06.03 ID:vZPncf+A0
戦士「ついに魔王城に着いたな」

魔法使い「いよいよね」

僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」

戦士「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」

勇者「ああ……」

戦士「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」

魔法使い「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」

僧侶「私たちには神の祝福がありますよ」

戦士「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」

戦士「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫……。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」

魔法使い「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」

僧侶「勇者さん、行きましょう!」

勇者「ああ。だが……」

勇者「魔王城がなんかおかしい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490522045


2 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 18:56:32.68 ID:vZPncf+A0
僧侶「……やっぱり変ですよね」

戦士「やはりその話題は避けられぬか」

魔法使い「城の周りを一周したけど、やっぱりおかしいわよね」

勇者「城壁も城門もない城なんて聞いたこともない」

僧侶「道に面していきなりドドーンと立ってますもんね、この建物」

魔法使い「それに、この建物も不思議よね」

勇者「ああ」

勇者「天を貫きそうな高さの素っ気ない直方体を、城と呼んでいいのか謎だ」

戦士「しかも、壁の石組みが全て透き通っているぞ。我々の知らぬ魔法によるものか?」

僧侶「透き通っているから硝子じゃないんですか?」

魔法使い「硝子を板の様な平面に加工できるとは思えないわ」

戦士「それに、硝子はせいぜい丸い小皿程度の大きさのものしか作れぬはずだ。壁一面をガラスにするなんてありえないだろう」

僧侶「確かに、教会のステンドグラスも歪んだ小さなガラスの組み合わせですし……」

勇者「魔界にしかない特殊な石を使ったのかもしれないな」


3 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 18:58:08.85 ID:vZPncf+A0
戦士「いや待て、魔法や結界などだと少々厄介だぞ」

魔法使い「不思議なことに、この建物からは魔力を感じないわ」

戦士「それなら問題ないがな」

勇者「いや、問題ならまだある」

戦士「何だ? とにかく中に入ろうではないか」

勇者「その入口が見当たらないんだ」

魔法使い「そうなのよね……」

魔法使い「この硝子風の塔には、硝子風の透明な壁しかなかったわ」

勇者「道に面した正面だけでなく、側面にも裏にも扉がない」


4 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 18:59:42.10 ID:vZPncf+A0
僧侶「あっ!!」

勇者「どうした僧侶」

僧侶「あそこです! 硝子風の壁をすり抜けて、中から魔物が出てきました!」

戦士「ほんとだ!」

戦士「……ということは、この硝子風の壁は実はただの素通しなのだ。行くぞ!」ダッ

勇者「ちょっ……!」

バーン!

戦士「痛え! なんだ、結界か!?」

魔法使い「魔力は感じないと言ったでしょ……」

僧侶「壁に激突しただけですよ」

勇者「あっ! あれを!」

魔法使い「今度は何かしら?」

勇者「今度は外から来た魔物が、ガラス風の壁の中に吸い込まれていく……」

魔法使い「さっき、中から魔物が出てきたところと同じね。あそこに何か仕掛けがあるのかもしれないわ」


5 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:01:31.74 ID:vZPncf+A0
−−−−−−−

勇者「あの場所で魔物が硝子風の壁に近づくと、音もなく壁が開き、出入りができる」

勇者「……俺の目に狂いがなければ、そういうことだよな?」

僧侶「はい。間違いないと思います」

戦士「だが、ここは魔王城だぞ。この城の住人以外が近づいたら巨大な雷に打たれるとか、罠があるんじゃないのか?」

魔法使い「この付近に魔力は一切感じないのよ。いい加減、信じてほしいわ」

勇者「よし、じゃあまず俺が中に入ってみよう」スタスタ

ウィーン……

戦士「ああ、勇者が魔王城の中に取り込まれてしまった……」

魔法使い「縁起でもない言い方しないで」

戦士「しかし、勇者一人を敵の本丸に送り出すなど、あまりに危険すぎる」


6 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:03:33.39 ID:vZPncf+A0
僧侶「だったら戦士さんが先に行けばよかったじゃないですか」

魔法使い「さっきは真っ先に突っ込もうとしたくせに」

戦士「いや、さっきの激突の痛みがまだ癒えてなくてな……」

僧侶「それでも勇者隊の前衛ですか!?」

魔法使い「もう、私が行くわ」

戦士「待て! 僧侶と二人だけではいささか心許ない」

僧侶「じゃあもう戦士さんは治癒しません!」

ウィーン……

勇者「あの……」

戦士「おお勇者。無事戻ってこれたか。もう二度と会えぬかと」

勇者「城の前でいつまで喋ってるんだよ! さっさと魔王を倒しにいくぞ! ほら!」


7 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:04:34.57 ID:vZPncf+A0
〜〜魔王城1F エントランスホール〜〜

ワイワイガヤガヤ

「私どもの改良したこの種には特殊な結界が施してあり、飛行高度から種を蒔いても確実に発芽します」

「ほほう、これを用いれば飛竜にも農耕ができそうだな」

「魔法発動の欠点は詠唱。発動に時間がかかるだけでなく何の魔法か相手に気取られてしまいます」

「そこで私どもが改良した術式がこれです。肝となるのは『暗号化技術』と『圧縮技術』」

「弊社の開発した『あぷりけいしょん』を用いることで、スライムとアンデットも意思疎通を図ることができ……」


8 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:06:15.17 ID:vZPncf+A0
勇者「な、何だここは?」

戦士「5階まではあろうかという吹き抜け…」

僧侶「小さく仕切られたブースで和やかに商談する多くの種族……」

勇者「自動で昇降する階段みたいなものもあるな」

魔法使い「ここはダンスホールかしら?」

戦士「いや待て、雰囲気に飲まれてはならぬ。魔王の玉座を探そうではないか」

魔法使い「……そうね」

勇者「あそこの『information』と書いてあるところに城番らしき者がいる」

戦士「よし、俺が行ってこよう。勇者一行の恐ろしさを見せつけてくれよう!」

勇者「あっ……おい!」


9 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:08:34.91 ID:vZPncf+A0
受付嬢「いらっしゃいませ。本日はどういったご用件でしょうか?」

戦士「あ、すいません。私ども勇者一行と申しますが、魔王様は本日いらっしゃいますでしょうか?」

受付嬢「魔王ですね?本日は何時のアポイントでしょうか?」

戦士「あっと、特にアポイントは取らせて頂いておりませんが……勇者一行とお伝えいただければお分かり頂けるかと」

受付嬢「あいにく私どもの魔王は多忙にさせて頂いておりますので、アポイントがないと面会はできかねるかもしれませんが……少々お待ちください」ピッピッ

受付嬢「もしもし側近様ですか?」

受付嬢「こちら1階受付ですけど、勇者一行とおっしゃる4名様が魔王様に会いたいとお越しですが、いかがいたしましょうか?」

受付嬢「ええ、ええ、……あぁ、やはり……。かしこまりました」ガチャ

受付嬢「お客様、申し訳ありません。魔王は午後の会見の準備に追われており、本日はお会いできかねるとのことです」

受付嬢「恐れ入りますが、側近室を通してアポイントを入れて頂いたうえでお越しいただければと思います。本日はご足労をお掛けし大変恐縮ですが……」

戦士「ああ、いえいえ! こちらこそ手違いでアポも入れず訪問してしまって申し訳ありません。後日改m....」

勇者「何やってんだよ戦士!」


10 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:10:08.35 ID:vZPncf+A0
戦士「何って、お客様を訪ねるときは礼儀を尽くすのが作法というものではないか」

勇者「雰囲気に飲まれるなと言ったのはどこの誰だよ!」

勇者「俺たちはお得意先を訪問しに来たんじゃないだろ!」

僧侶「そうは言っても、このエントランスホールには邪悪な空気を全く感じません」

魔法使い「魔王城って、こんなに『来るものを拒まず』って感じだったのね……」

勇者「僧侶と魔法使いも、なに雰囲気に飲まれようとしてるんだよ。誰が何と言おうとここは魔王城なんだ。この雰囲気だって敵の作戦の一つかもしれないだろ」

勇者「おいそこの受付っぽい魔物! 魔王はどこだ!」

受付嬢「お答えしかねます」

勇者「ふざけんな! こっちには人類の明日が懸かってるんだ! さあ言え!」ダンッ

受付嬢「あまり大きな声を出されると、警護隊を呼びますよ」

勇者「おお、上等じゃねえかお嬢ちゃん。その警護隊とやらを今ここに呼んでもらおうじゃねえか! ほら早く!」

戦士「これでは完全に我らが悪役ではないか」

僧侶「今この瞬間、神は魔王サイドに付いたような気がします」

魔法使い「……勇者最低」


11 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:11:45.03 ID:vZPncf+A0
??「何を騒いでいるのですか貴方たち! 他のお客様にご迷惑でしょう!」

受付嬢「も、申し訳ありません側近様! この方々が魔王様に会わせろと大きな声を……」

戦士「『方々』!? 複数形は心外であるぞ」

僧侶「魔法使いさん、あの『勇者』とかいう知らない人間怖いですぅ」

魔法使い「しっ、ああいう精神が不安定な人と目を合わせちゃダメ! わかった、僧侶ちゃん?」

側近「貴方が勇者とかいう侵入者ですか?」

勇者「俺だけじゃない。4人で魔王を倒しに来たんだ、ほら……」

戦士「私どもがご提案する、この人間界と魔界間の界峡大橋建設によって、魔界にはこれだけの経済効果が……」

僧侶「しかし、橋の建設や運営を人間側が担うというあなたの提案では、我が魔界はその経済効果の大部分を人間に持っていかれることになりませんか?」

魔法使い「建設資材の調達・運搬から建設に至るまで、当界の様々な種族を活用した方が工期短縮とコストダウンを実現できると思いますが……」

側近「あれは人間界側の建設業者との商談ではありませんか」

勇者「……おい、多くの人間の思いと共に戦うとか言ってた奴の態度がそれか?」


12 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:14:10.86 ID:vZPncf+A0
〜〜魔王城45F 魔王執務室前〜〜

側近「魔王様は午前中は会見の準備、午後は定例記者会見を行う予定です」

側近「基本的に空き時間はありませんが、記者会見が終われば、一時的に休憩されることはあります」

側近「あなた方はその休憩の際に、運が良ければ面会できる程度と考えてください。くれぐれも魔王様の執務の邪魔をしてはいけませんよ」

勇者「こっちは1年も掛けてここまで来たんだぞ。俺たちのために時間を割いてくれてもいいじゃないか。戦闘はチャチャッと終わらすからさ」

側近「何か月もかけてお越しになるなら、アポイントをとる時間くらいあったでしょうに」

側近「……これだからマナーを知らない蛮族は」フッ

勇者「俺たちは人間界を代表する王国の国王に請われて魔王討伐に来ているんだ。蛮族呼ばわりされる覚えはないぞ」

戦士「その辺にしないか勇者。傍から見たらお主の振る舞いは完全に蛮族ではないか」

魔法使い「面会できるかもしれないっていうんだから、大人しく待ちたいわね」

勇者「お前たちはこの状況に順応しすぎて、訪問の趣旨を忘れてるだろ?」


13 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:15:26.62 ID:vZPncf+A0
側近「魔王様は多忙で、多くの来訪者の面会要請を断っています。本来、如何なる理由があろうと特別扱いはできないのですよ」

勇者「勇者が来たんだぞ。ただの来訪者とは違うだろ?」

側近「…ええ、魔王様はあなた方をただの来訪者とは違うとおっしゃるでしょう」

勇者「そうだろ?」

側近「ただの来訪者よりも優先順位が低いとおっしゃるでしょうね」

勇者「はぁ?」

側近「とにかく、大人しくこの魔王執務室の前の控室で待っていてください。それが嫌ならアポイントを取ったうえで来てください」

勇者「……」

戦士「少なくとも先方は我々と会うことを拒否はしていないのだ。ここは待とうではないか」

僧侶「この流れも神の御導き……」

勇者「わかったよ、ここで待てばいいんだろ、待てば」


14 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:16:50.42 ID:vZPncf+A0
−−−−−−−

勇者「なあ、まだか?」

戦士「少しは大人しく待たぬか。落ち着きのない奴だ」

僧侶「勇者ちゃんいい子ですね〜。あと少しだから、もうちょっといい子にしてましょうね〜」ヨシヨシ

勇者「あと少しあと少しって、お前たちの時間軸はおかしくなっちまったのか?」

魔法使い「あ、勇者君見て。窓の外に飛竜が飛んでるよ。ほら、かっこいいね〜」

勇者「さっきから俺の扱いが駄々っ子か還暦過ぎじゃねえか! いい加減にしろ!」

勇者「だいたいなんだ飛竜って! のんびり外見ている場合かよ!」

側近「執務室の傍で喚くなと言ったはずですよ。本当に社会性のない蛮族ですね人間は……!」

戦士「人間を一括りにするのはお止め頂きたい。蛮族は勇者だけゆえ」

僧侶「すいません。勇者は教会が再教育しますので」

魔法使い「人類を代表して、数々の無礼をお詫びするわ」

勇者「……俺たちここに何しに来たんだっけ?」


15 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:18:15.27 ID:vZPncf+A0
ギイッ

??「……」スタスタスタ…

勇者「あっ……、おい」

戦士「あれは……」

勇者「魔王じゃないのか?」

魔法使い「このオーラは……」

僧侶「今まで見たことがないほど強力です」

勇者「おい待て! 魔王!」

側近「お下がりなさい!」

勇者「なっ……! なぜ止めるんだ! 魔王が執務室から出てきたんだろう」

側近「確かに、今しがた執務室から出てこられたのは魔王様です」

勇者「だったら会わせてくれ。休憩時間に面会できるんじゃないのかよ」

側近「休憩ではありません。魔王様はこれから定例記者会見なのです」


16 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:20:16.97 ID:vZPncf+A0
勇者「その記者会見?とやらが始まるまででいいんだ。何とか頼む」

側近「今日の定例記者会見は重要なものなのです。決して汚してはなりません!」

勇者「くっ……!」

戦士「なあ、側近殿」

側近「なんでしょうか?」

戦士「我々も、その記者会見とやらに参加させては頂けぬか?」

側近「……なりません! あなた方は、今日という日がどれほど重要か知らないのです!」

戦士「いや、その場に乱入しようというのではないのだ。『見学』と言い換えてもいい」

勇者「おい戦士、何を呑気なこと言っているんだ」

側近「どういうことですか?」

戦士「我々は魔界のことを何も知らぬ」

戦士「魔界の内情がどうなっているのか、これからどうなろうというのか……」


17 名前: ◆7Zp87oOK/2 [saga] 投稿日:2017/03/26(日) 19:21:37.26 ID:vZPncf+A0
僧侶「確かに、この城自体も不思議の塊ですしね」

魔法使い「それだけじゃないわ」

魔法使い「ここ20年以上、魔界から王国への侵攻はぱったりと止んでいるわ」

魔法使い「私たちは魔界との戦いも経験していない」

僧侶「魔界との戦いなんて、伝記で読んだだけですしね」

戦士「そういった疑問を含めて、記者会見とやらの場で事前に知識を仕入れておくのも悪くないだろう」

戦士「……魔王を倒す、倒さないはそのあとの問題としてな」

勇者「……むう」

側近「分かりました。見学は許可しましょう」

戦士「かたじけない」

側近「ただし、決して声をあげないこと、決して魔王様に近づこうとしないこと、それだけは約束してください」

魔法使い「約束するわ」

側近「……では、記者会見会場にご案内しましょう」

側近「すでに記者会見は始まっています。くれぐれも静粛に願いますよ」



次へ 戻る 上へ